海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > JOHNNY WINTER、年末に大物ゲスト多数が参加したブルース・カ...

JOHNNY WINTER、年末に大物ゲスト多数が参加したブルース・カバー集をリリース


JOHNNY WINTER

年末にリリースを予定しているニュー・アルバム『ROOTS』で、ベテラン・ギタリストでシンガー、そしてバンド・リーダーとして活躍するJOHNNY WINTERがブルースを演奏していることは決して驚くことではない。

しかし意外なのは、そのブルース楽曲たちが他のアーティストの作品であるという事実だ。

この約7年ぶりとなるスタジオ・アルバムで、WINTERSはROBERT JOHNSONの「DUST MY BROOM」、SON HOUSEの「DEATH LETTER」、ELMORE JAMESの「DONE SOMEBODY WRONG」、BOBBY BLUE BLANDの「FURTHER ON UP THE ROAD」、CHUCK BERRYの「MAYBELLENE」、JIMMY REEDの「BRIGHT LIGHTS, BIG CITY」、MUDDY WATERSの「GOT MY MOJO WORKING」、そしてWALTER DAVISの「COME BACK BABY」といった様々なブルース楽曲のカバーを披露し、さらに弟のEDGARをフィーチャーしたCLARENCE “GATEMOUTH” BROWNの「OKIE DOKE STOMP」と「HONKY TONK」という2曲のインスト・ナンバーも聴かせてくれるそうだ。

また、アルバムでは多数のゲストが脇を固めており、ZZ TOPのBILLY GIBBONS、GREGG ALLMAN、WARREN HAYNES、DEREK TRUCKSと彼の妻、SUSAN TEDESCHI、そして人気トーク・ショー『CONAN』のハウス・バンドを率いるJIMMY VIVINOなどの参加が伝わっているほか、今後も更なる大物ゲストの名前がアナウンスされる見通しだ。

「今回のアルバムで演奏しているのは、どれも僕自身が幼い頃から影響を受けてきた古い楽曲ばかりだ。すごく好きで数えきれないほど演奏してきたし、いつかはちゃんとした形でカバーしたいと願い続けてきた。そもそも作品化することはマネージャーのアイデアだったんだが、すごく気に入ったよ」と、Billboard.comにWINTERSはコメントしている。

Billboard Daily News 2011年4月4日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天キャンペーン
  • アウター全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる