海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > STEVE MARTINが第2弾ブルーグラス・アルバムをリリース

STEVE MARTINが第2弾ブルーグラス・アルバムをリリース


STEVE MARTIN

成功した俳優が自分のクリエイティブな能力を音楽にも広げようとすると、そのレコーディング作品は懐疑的な目で見られがちだ。

しかし、STEVE MARTINの2009年のアルバム『THE CROW; NEW SONGS FOR THE FIVE STRING BANJO』はこのベテラン俳優にグラミー賞のみならず、ブルーグラス界の尊敬ももたらした。3/15、彼は2作目のブルーグラス・アルバム『RARE BIRD ALERT』を発表する。

「アウトサイダーとして入ってきたから、どんなふうに受け入れられるかわからなかったけど、とても暖かい歓迎ぶりだったよ」と、『THE CROW』が2010年のグラミー賞ベスト・ブルーグラス・アルバムに輝いたMARTINは言う。

「ブルーグラス音楽協会も、グラミー賞も僕たちに大変よくしてくれた。これ以上ハッピーにはなれないくらいだったよ。僕たちは多くのブルーグラスの人たち、そして多くのブルーグラスじゃない人たちにも到達することができたんだ」

MARTINは何年もバンジョーを弾いてきたが、ブルーグラスへの進出が始まったのは、TONY TRISCHKAが2007年のアルバム『DOUBLE BANJO:BLUEGRASS SPECTACULAR』でプレイするように彼を誘ったのがきっかけだ。

そこにMARTINは「THE CROW」を提供し、それがJOHN MCEUENプロデュースのデビュー・アルバムのレコーディングにつながったのだ。

『RARE BIRD ALERT』はMARTINが書いた13曲の新曲をフィーチャーしている。

MARTINとツアーをしたTHE STEEP CANYON RANGERSがアルバムでも演奏し、3曲を共作している。

「妻と家族はノースカロライナで休日を過ごすのが好きなんだ」とMARTINはRANGERS を発見したときのことを振り返る。

彼らをディナーに誘ってジャム・セッションをするうちにファンになり、ツアーに誘ったのだそうだ。

「彼らにはユーモアがあるし演奏もうまい。奇跡のような出会いだよ」

TRISCHKAのプロデュースによるアルバムには、DIXIE CHICKS(「YOU」)やPAUL MCCARTNEY(「BEST LOVE」)のようにボーカルと楽器演奏をミックスした曲も含まれている。

MCCARTNEYには過去に3,4度会っていたそうで「彼はすごく熱心なんだ。『もうOKだよ』と言っても『いや、もう2,3回やらせてよ』って、すごくいい人なんだ」

アルバムにはライブ録音も数曲含まれる。
「ライブを入れたかったのは、聞く人に僕たちがすごく楽しいライブ・ショーをやってるってことを知ってもらいたかったからなんだ」

Billboard Daily News 2011年3月16日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ
  • 3点以上で30%OFF
  • ロゴ全品SALE
  • 1500円以下のSALEアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる