HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > LADY GAGAがトロントのコンサートで10歳の少女と共演

LADY GAGAがトロントのコンサートで10歳の少女と共演


LADY GAGA

3/3(木)の晩にトロントのAIR CANADA CENTREでコンサートを行ったLADY GAGAが、ステージ上で10歳の少女とデュエットした。

この少女の名はカナダ・ウィニペグ出身のMARIA ARAGONで、彼女がYouTubeに投稿したGAGAの「BORN THIS WAY」のカバー・ビデオがこの2週間で1,800万回の視聴を獲得し、かなりの話題となっていたのだ。

最新の全米シングル・チャートでも連続No.1をキープしている「BORN THIS WAY」だが、この晩のステージでGAGAはまずシンプルなヴァージョンでパフォーマンスし、膝の上にARAGONを乗せて一緒にピアノを演奏。

そして長くエモーショナルなパフォーマンスのあと、ARAGONが観客に向かって呼びかけると共に2人のヴォーカルは炸裂した。

その後ARAGONは、GAGAが「BAD ROMANCE」を歌い終えたあとに再びステージに登場した。ショーが始まる直前、GAGAはツイッターを通じてARAGONへの愛を語っており、バックステージで撮影した“動物が爪を向けるガ〜オのポーズ”を取った2人の写真を掲載し、「私とウィニペグ出身の10歳のMARIAよ。彼女は私のTシャツにサインしてくれたわ。私のハートは、完全に彼女に食べられちゃった」と呟いていた。

GAGAは初めてARAGONのパフォーマンスを見た際、ツイッターに「この映像を見ていると、涙が止まらないの。まさに私は、こういうことのために音楽を作っているからよ。彼女は私の未来だわ」とコメント。

その後 ARAGONは、ABCの朝の番組『GOOD MORNING AMERICA』を始めとする各メディアに登場するようになった。

そしてこの晩のコンサートで、「BORN THIS WAY」を歌い終えたGAGAは、「MARIAこそ、この曲のすべてを象徴する存在。この作品は、次の世代と未来について歌った曲だからよ」と観客に向かって語りかけていた。

YouTubeがきっかけで、GAGAを始めとする音楽界のスターの目に留まってセンセーションを巻き起こしたのはARAGONが最初ではない。

14歳のGREYSON CHANCEは、昨年GAGAの「PAPARAZZI」をカバーした映像を投稿したのがきっかけで、GAGAのマネジメント・チームと契約を交わした。

そして最も有名なケースがJUSTIN BIEBERで、彼はUSHERのサポートのもとでスターの座に上り詰めている。

Billboard Daily News 2011年3月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる