HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > MICHAEL JACKSON、『THIS IS IT』ほどヒットしなかった最新作...

MICHAEL JACKSON、『THIS IS IT』ほどヒットしなかった最新作『MICHAEL』


MICHAEL JACKSON

昨年の3月、全米メディアのヘッドラインには“MICHAEL JACKSONの遺産管理財団がSONY MUSIC ENTERTAINMENTと2億ドル以上のレコーディング契約を結んだ”というニュースが掲載され、2枚組CD『THIS IS IT』のサウンドトラックを皮切りに2017年までに10作品がリリースされるという見通しが公表された。

2009年10/26にリリースされて現在までに160万枚を売り上げている『THIS IS IT』は、JACKSONのスーパースター性と強い影響力を武器に、“MICHAEL JACKSONのものならすべてが欲しい”というファンの飽くなき欲求を刺激する強力な商品となった。

そして続いてリリースされた未発表音源を収録した新作『MICHAEL』も、同様の動きをして高いセールスを記録するだろうというのが大方の予測だったのだが、現実はちょっと違ったようだ。

昨年12/14 にリリースされた『MICHAEL』は、全米アルバム・チャートに3位で初登場したのちにそれ以上の上昇はせず、AKONをフィーチャーしたリード・シングル「HOLD MY HAND」はHOT 100 CHARTでは最高位39位、HOT R&B/HIP-HOP SONGS CHARTで最高位33位でピーク・アウトし、セールスも304,000枚止まりだった。

音楽業界に逆風が吹く現状を踏まえれば、アルバム『MICHAEL』の発売5週間での売り上げ434,000枚というのは素晴らしい数字と言えるが、同じ期間に890,000枚を売り上げている『THIS IS IT』と比べると見劣りしてしまうのは否めない事実だろう。

一方、JACKSONのビデオ40作品を収録した3枚組DVDボックス・セット『VISION』は、昨年の11/22にリリースされて以来85,000セットを売り上げ、ボックス・セット作品としてはかなり高い数字を確保している。

振るわなかったリード・シングル「HOLD MY HAND」について、ミルウォーキーのR&B専門ラジオ局WNOVの役員CHUCK ARKINSは、「周囲の反応の低さには、いささか驚いている。

TOP 40やR&Bチャートでは、もっと支持されると思っていたからね」とコメントし、JACKSONのヴォーカルのインパクトが薄いという巷のネガティヴな評価に対しては、「このあとリリースされる楽曲はどれも同じ憂き目にあうだろう」という意見を口にしている。

Billboard Daily News 2011年1月24日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる