海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > USHERが目標額達成前に「デジタル死」から復帰

USHERが目標額達成前に「デジタル死」から復帰


USHER

USHERファンにとってのいい知らせは、アフリカとインドでエイズと戦うKEEP A CHILD ALIVEの『BUY
LIFE』基金のキャンペーンを支援するため「デジタル死」を実践していた彼がふたたびツイッターをやり始めたことだ。

悪い知らせ? デジタル復活が予定されていたよりずっと早く行なわれてしまったことだ――およそ70万ドル分も早く。

LADY GAGAやJUSTIN TIMBERLAKE、RYAN SEACREST、KIM KARDASHIANといった仲間のスターたちとともに、USHERは先週の世界エイズ・デー(12月1日)に『BUY LIFE』が総額100万ドル集めるまではソーシャル・ネットワーキングを使うのを一切やめると誓って、フェイスブックやツイッターからサインオフしていた。

「世界エイズ・デーのために今夜デジタル死する。これが僕の最後のツイートであり遺言だ」と彼は書いていた。

そのとき以来、ウェブサイトのカウンターによると『BUY LIFE』キャンペーンにはまだ299,000ドルしか集まっていないにも関わらず、USHERは昨日自分のツイッターに4件のメッセージをアップデートしている。

その中にはソングライター/プロデューサーのRICO LOVEへのバースデー・メッセージ、昨夜のアトランタ・フィリップス・アリーナでのコンサートに対するリアクションなどが含まれている。

彼は「デジタル死」キャンペーンやツイッターへの早すぎる復活については何も述べていない。

しかし、彼の名前は『BUY LIFE』サイトのセレブリティ・リストの中に「死亡」として載っている。

USHERは「死亡」以来ツイッターをした唯一のセレブというわけではない。

GAGA、KARDASHIAN、RYAN SEACRESTはソーシャル・ネットワークにポストを続けている。
しかし、メッセージには10ドル寄付して彼らが「生き返るのを」助けてほしいという注意書きがついている。

Billboard Daily News 2010年12月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる