HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > MICHAEL JACKSON、『MICHAEL』は初週で40万枚突破?

MICHAEL JACKSON、『MICHAEL』は初週で40万枚突破?


MICHAEL JACKSON

12/14日にエピック・レコーズから発表されるMICHAEL JACKSONのアルバム『MICHAEL』のアメリカでの初回出荷枚数は、小売店の情報によると90万枚だという。

ソニーは第一週のCDセールスを34 万枚、デジタル・アルバム・セールスを6万と見積もっている。

この見積もりはJACKSONのアルバム『THIS IS IT』の初週売り上げと同じだが、あのアルバムには映画の後ろ盾というマーケティング・パワーがあった。

『THIS IS IT』は第一週で373,000枚売れ、2009年10月の発売以来160万枚売れている。
『MICHAEL』の第2週の見積もりは280,000枚で、デジタル・セールスは初週から15〜8パーセントダウンする見込み。

しかし、いずれのパーセンテージも『THIS IS IT』が第一週に稼いだデジタル・セールスよりも高い。

このときはトータル・セールスの5,6パーセントがデジタルだった。『MICHAEL』は 10.25ドルの卸売値段で、13.98ドルの小売値段になる。

ほとんどの音楽小売業者は、死後のシングル「BREAKING NEWS」を巡る論争がニュー・アルバム『MICHAEL』への関心を高めセールスを上げると言っている。

「論争のおかげで人々は出かけていってアルバムを買うと思う」とエッDジ・エンターテインメント・ディストリビューションの音楽バイヤー、DANNY COHENは言う。

歌のクオリティと正当性に関する論争は11/15にJACKSONのウェブサイトで「HOLD MY HAND」(AKONをフィーチャー)が公開されるまで議論の余地があるかもしれない。

この『MICHAEL』から初めて一般に販売されるシングルは、同日Iチューンズのようなデジタル・ストアでも発表される。

JACKSONOのサイトからストリームされた最初の歌のクオリティが消費者を発売日に購入に走らせないかもしれないと心配する小売業者もいる。

ある小売業者は「BREAKING NEWS」を「アルバムを売ろうとするには興味深い選択だ。アルバムの最初の印象としてはあまりよくない」と評している。

Billboard Daily News 2010年11月15日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる