HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > TAYLOR SWIFTの元マネージャーが契約論争で訴訟を起こす

TAYLOR SWIFTの元マネージャーが契約論争で訴訟を起こす


TAYLOR SWIFT

TAYLOR SWIFTの父親は、グラミー受賞スターを売り出すことによって稼いだ何百万ドルものお金を元マネージャーの手に渡らせないように、共謀して不正を働いたのだろうか?それが音楽マネージャー、DAN DYMTROWがニューヨークの裁判官の前に持ち込んだ疑問なのだ。

彼は自分がSWIFTを発掘し、2004年4月に14歳だった彼女と契約し、2005 年7月にSWIFTがビッグ・マシーン・レコーズと契約して世界的スターになる直前にクビにされるまで彼女のキャリアを築く役割を果たしてきたのだから、何百万ものコミッション料をもらって当然だと主張している。

DYMTROWによると、SWIFTと両親のSCOTTとANDREA SWIFTとのマネージメント契約は、TAYLORの音楽キャリアから5〜10%(あるいはそれ以上)のコミッション料が彼に支払われることになっている。

しかし、SWIFTを育て、ビッグ・マシーン・レコーズのCEO、SCOTT BORCHETTAのような業界の大物に彼女を紹介したあと、彼は家族に疎まれ、支払いを回避するためにクビを切られたと主張している。

「彼らは契約を延び延びにさせたあげく、私のクライアントをクビにし、その後契約を結んでコミッション料を自分たちの懐に入れたのです」とDYMTROWの弁護士は言う。

これに対し、SWIFT家はDYMTROWが当時未成年だったTAYLORとのマネージメント契約に必要な法廷の承認を得ることができなかったため、彼女は2005年法的に契約を結ぶことができなかったのだと主張している。

その数ヶ月後ビッグ・マシーン・レコーズと契約、1年後にデビュー・シングル「TIM MCGRAW」を発表している。

「彼が、彼女の成功とメジャー契約が自分のもたらしたものだと主張するなんてバカげてる」とSWIFTの弁護士は言う。
「たとえ彼の主張になんらかの利点があったとしても、彼に契約料を支払うのは未成年を保護するニューヨークの法律精神に反することになる」

Billboard Daily News 2010年10月13日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる