HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ERIC BENET、LIL WAYNEの獄中コメントは“最高の賛辞”

ERIC BENET、LIL WAYNEの獄中コメントは“最高の賛辞”


ERIC BENET

自らのシングル曲「SOMETIMES I CRY」をラッパーのLIL WAYNEが獄中で気に入ってよく聴いていると知った時、R&Bの大物シンガーERIC BENETは非常に仰天したそうだ。

そしてBillboard.comのインタビューの中で、BENETは「最高さ。まさに最大級の賛辞だね。獄中で人生についてじっくりと考えながら、彼は僕の曲に耳を傾けてくれているわけだ。それって、ものすごく意味のあることだと思う」と語っている。

先週、WAYNE は自身のブログ・サイトhisweezythanxyou.comに投稿した獄中からの最新メールの中で、“俺が聴いているのは、スロー・ジャムかESPNのスポーツ中継だけだが、特にERIC BENETの「SOMETIMES I CRY」という新曲はオススメだ。

もし聴いたことがなければ、是非とも今やっていることを中断して耳を傾けてみてほしい。
この曲は、MAXWELLの「WOMAN'S WORTH」以来の最高の作品だと思うし、大人にピッタリの1曲だ。

俺はラジオに耳を傾け、この曲が流れてくるのを1日中じっと待ってるのさ”と書き記していた。

この「SOMETIMES I CRY」は大切な誰かを失って悔いる気持ちを歌った曲で、現在HOT ADULT R&B AIRPLAY CHARTでは5位に付けている。

BENET自身も初めて曲を聴いた時は特別な感覚を覚えたそうで、「スタジオで曲を作っている時に、いい曲が書けた時の僕のバロメーターでもある“鳥肌”が立ったんだ。この曲なら、すぐにでもファンに聴かせられる作品だって思ったよ」とコメントしている。

また、WAYNE がこの曲を気に入ってくれたのであれば、間もなくリリースされる最新アルバム『LOST IN TIME』の他の曲も彼のお気に入りになるはずだとBENETは語っている。

たとえばFAITH EVANSをフィーチャーした「FEEL GOOD」などは、「70年代後半の、ローラスケート風の気分の良くなる曲」だという。

他にもO'JAYSのEDDIE LEVERTが書いた「PAID」や、BENETの18歳になる娘INDIAがヴォーカルを取った「SUMMER LOVE」、そして「SOMETIMES I CRY」とは対極をなす「NEVER WITHOUT YOU」など、様々な曲がアルバムには収録されているそうだ。

Billboard Daily News 2010年10月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる