HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > LINKIN PARK、TREY SONGZ、次週の全米アルバムNo.1の座はどち...

LINKIN PARK、TREY SONGZ、次週の全米アルバムNo.1の座はどちらの手に?


LINKIN PARK、TREY SONGZ

来週の全米アルバム・チャートは、LINKIN PARKの4作目『A THOUSAND SUNS』とTREY SONGZの『PASSION, PAIN & PLEASURE』のどちらかが初登場No.1を獲得する公算が強くなってきた。

またTOP 10圏内には、この2作品を含む合計6作品がニュー・エントリーするものと見られている。

業界筋の予測によると、LINKIN PARKの作品は9/19(日)締めの発売初週に250,000〜260,000枚のセールスを上げていると見られ、SONGZの作品はそれに続く 230,000〜250,000枚と推測されている。

もしLINKIN PARKが勝って初登場No.1を獲得すれば、2003年の『METEORA』、2004年にJAY-Zと共演した『COLLISION COURSE』、そして発売初週に623,000枚を売り上げた2007年の前作『MINUTES TO MIDNIGHT』に続き、全米アルバム・チャートで4作品目の首位獲得となる。

一方、SONGZが昨年リリースした前作『READY』はキャリア最高位となる初登場No.3でランク・インし、初週売り上げは131,000 枚だった。

同アルバムは現在までに全米で807,000枚のセールスを上げており、この数字は2005年の『I GOTTA MAKE IT』の396,000枚と2007年の『THE DAY』の346,000枚の累計の合計よりも高いものとなっている。

NICKI MINAJをフィーチャーしたSONGZの最新シングル「BOTTOMS UP」は、最新の全米シングル・チャートで先週の20位から17位へ上昇し、LINKIN PARKの第1弾シングル「THE CATALYST」は、8月に最高位35位止まりに終っている。

そのほか来週のアルバム・チャートではJAMEY JOHNSONの『GUITAR SONG』、WEEZERの『HURLEY』、BRANDON FLOWERSの『FLAMINGO』、そしてROBERT PLANTの『BAND OF JOY』が初登場でTOP 10入りする可能性が濃厚とのことだ。

Billboard Daily News 2010年9月17日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる