海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 重厚な男、JAMEY JOHNSONがインタビューでシリアスに語る

重厚な男、JAMEY JOHNSONがインタビューでシリアスに語る


JAMEY JOHNSON

それは8月の最終日、ナッシュヴィルのMUSIC ROWでのことだ。

RCAのSTUDIO Aで、カントリー・シンガーJAMEY JOHNSONは9/14(火)にMERCURY RECORDSからリリースする最新作『THE GUITAR SONG』についてインタビューに応じた。

黒のTシャツにジーンズ、ウエスタン・ブーツは履かずにトラック屋郎風のキャップを前後逆さに被った姿で JOHNSONが部屋に入ってくると、コントロール・ルームにたむろし軽口をたたいていた業界関係者たちの様子はシリアスなものへと一変。

マスコミとのインタビューは必要なものだと理解しているJOHNSONだが、とりわけ“BLACK ALBUM”と“WHITE ALBUM”という2枚のディスクからなる最新作『THE GUITAR SONG』については、そこに至ったコンセプトについてメッセージを発する必要性が高いと感じていたようだ。

とはいえ、彼はインタビューを楽しんでいるというわけでは決してない。
かつてアメリカ海軍に所属し、暴走族風のルックスのJOHNSONからすると、質問に答える前にインタビュアーの尻を蹴飛ばしそうな印象は拭えない。

しかしインタビュー中のムードが明るくなると、彼は静かに、そして重厚な口調で質問に答えていた。
時にはガイコツの指輪をした右手でヒゲを撫でながら、答えるまでに30秒ほど考え込むこともあったりした。

笑いも時々起きる中、JOHNSONが自分の仕事に対していかにシリアスな男なのか、それを理解させてくれたインタビューだった。

Billboard Daily News 2010年9月16日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 20%OFFクーポン発行中!
  • 売りつくしSALE
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる