HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ROBERT PLANTがカバー集『BAND OF JOY』のあとは新曲作りを再開

ROBERT PLANTがカバー集『BAND OF JOY』のあとは新曲作りを再開


ROBERT PLANT

ニュー・アルバム『BAND OF JOY』を9/14(火)にリリースするROBERT PLANTだが、この先はカバー・ソングを制作するよりも新たな曲作りに重きを置く方向性であることを明らかにした。

PLANTは Billboard.comの取材に際し、「皆とも話し合ってきたんだが、これからは新曲を書かなければならないと考えている。他のソングライターの作品をカバーすることは素晴らしいことだし、ELVIS PRESLEYやFRANK SINATRAのようにカバーに力を注ぐアーティストがいるのも確かだ。それにカントリー・アーティストの中には、キャリアを通じて一切自分で曲作りをしない人間もいる。でも僕らは、これからまた曲作りに力を入れていくことになると思う」と語っている。

しかしアルバム『BAND OF JOY』のリリース後は、作品のサポートのためのライヴが目白押しで、9/12(日)の晩にニューヨークのBOWERY BALLROOMでショー・ケースを開いたほか、10月と11月にはヨーロッパ・ツアー、そして来年1月半ばからは北米ツアーがスタートする。

そのため、新曲の制作がいつから可能になるのかは定かではないようだ。
新作『BAND OF JOY』は、PLANTがLED ZEPPELINを結成する以前、すでに他界したドラマーJOHN BONHAMらと共に結成したバンド名をタイトルにした作品で、全12曲が収録されている。

レコーディングはナッシュヴィルで行われ、PLANTが ALISON KRAUSSとコラボしたグラミー受賞アルバム『RAISING SAND』のツアーをサポートし、今回はバンド・メンバーとして収録にも参加したBUDDY MILLERがプロデュースを手掛けている。

またゲストには、シンガー・ソングライターのPATY GRIFFINを始め、オールスター・メンバーが顔を揃えている。
アルバムからの第1弾シングルは、LOS LOBOSが1990年にリリースしたアルバム『THE NEIGHBORHOOD』に収録されていた「ANGEL DANCE」のカバーで、他にもTOWNES VAN ZANT、BARBARA LYNN、THE KELLY BROTHERS、LOWなどの作品のカバーが収録されている。

録音した曲は約22曲ほどにのぼったそうだが、収録からもれた曲を今後リリースするかどうかは決めていないという。

Billboard Daily News 2010年9月14日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる