HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > パクリ騒動を揶揄した新曲がリーク

パクリ騒動を揶揄した新曲がリーク


KELLY CLARKSON
KELLY CLARKSONは、彼女のレーベルであるRCA/ソニー・ミュージックとONEREPUBLICのフロントマン、RYAN TEDDERとの確執が噂される中、現在制作中のアルバム用に楽曲を書き上げた。最近リークされた楽曲「WASH, RINSE, REPEAT」は2009年のCLARKSONのシングル「ALREADY GONE」を取り巻く論争について歌われているように思われる。昨年夏に発売された、「ALREADY GONE」はその発売より8ヶ月早く発売されたBEYONCEの「HALO」にそっくりだと批判を浴びた。「アメリカン・アイドル」のシーズン1の優勝者は、両方の曲を手掛けたTEDDERに対し、アレンジはリサイクルで、レーベルはそれを未然に防げなかったと非難した。両者はその責任はないとしている。「WASH, RINSE, REPEAT」はCLARKSONのニュー・アルバム用のデモだということだ。彼女はこの状況を歌で表現している。「新たなプレッシャーはないわ/盗んだお古を頂戴/また壁に刺さるか見て見ましょう/聞き覚えがあるかしら?/耳に残る?/去年を思い出すような」コーラス部分では、CLARKSONはレーベルとTEDDYにだまされたと主張している。TEDDYもCLARKSONのレーベルも今のところ、この状況に関して声明をだしていない。

Billboard Daily News 2010年5月10日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる