HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 「TURNT UP」の再請求とデビュー・アルバム

「TURNT UP」の再請求とデビュー・アルバム


ROSCOE DASH
ROSCOE DASHが、昨年夏に地元アトランタのグループTRAVIS PORTERの「I'M A DIFFERENTER」のミックステープで「ALL THE WAY TURNT UP」を聴いたときの最初の反応は「何が起こっているんだ?」だった。「ALL THE WAY」はDASHがつくったものだったからだ。彼はSoundclick.comからVIVE BEATSを買い、そのために歌詞を書いた。しかし、このミックステープでは、DASHは単なる参加アーティストでしかなかった。このラッパー(本名 JEFFREY JOHNSON JR.)は、マイナスのものを前向きにしてきた。彼は楽曲に対し抗議することもできた。20歳のDASHは、MMI/MUSICLINE/ZONE 4/INTERSCOPEと契約し、6/1にはデビュー・アルバム『READY SET GO!』のリリースを予定している。ビルボードHOT100で46位、HOT R&B/HIP-HOP SONGSで18位になった「ALL THE WAY TURNT UP」以外では、このアルバムには、やる気をかき立てられる「ALL I KNOW」、YOUNG JEEZYが参加した「POP A BOTTLE」、タイトルは未定だがCHRIS BROWNと共演した楽曲などが収録されている。第2弾シングルの「SHOW OUT」は、HOT R&B/HIP-HOP SONGSで83位から74位になっている。プロモーション・ビデオは今週撮影され、来月には披露される予定だ。彼は楽曲を奪われたことを思い出して、「ある晩、クラブに向かう途中で、(TRAVIS PORTERのメンバーの)STRAPがこの曲を聴いて言った“これは気に入った”。私は2番と3番の詩を曲にあてた。でも、昨年8月にそれがリリースされたときには、そのミックステープには彼らの名前があったので、聴いた人は彼らの作品だと思っただろう」とDASHは話している。そのときはATLとして知られていたDASHは、この取り違えについてTRAVIS PORTERに申し出ると、それは誤植で、ミックステープの次のプレスから訂正されると言われた。彼らのPORTER HOUSE LABELと契約する瀬戸際で、DASHは他に探そうと決めた。2009年の秋に、パーティ・プロモーターのL.A.DA.BOOMMANに出会い、彼の制作会社MMI(MAKING MOVES INC.)と契約した。それからDASHはANTHONY “TA” TATE率いるMUSIC LINE GROUPとチームを組み、プロデューサーPOLOW DA DON のINTERSCOPEのZONE 4レーベルと契約した。一方の困難なスタートのことでは、DASHはTRAVIS PORTER に対して少しのわだかまりも感じていない。「ただ自分のことを認めてほしいだけ。自分の恩恵を失わないようにしなければならなかった」と話している。

Billboard Daily News 2010年4月19日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる