HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ステージでの襲撃について説明

ステージでの襲撃について説明


NOEL GALLAGHER
トロントの法廷での被害状況説明に関する声明によると、元OASISのギタリストNOEL GALLAGHERは、2008年のVIRGIN MUSIC FESTIVALで後ろから突き飛ばされたのを「バスにぶつかられた」
ように感じたと話している。

GALLAGHERの声明は、DAVID SULLIVANの審問で読まれた。

48 歳でオンタリオ州ピッカリング出身の彼は、トロントのフェスティバルでバックステージに忍び込み、バンドの演奏中にGALLAGHERをモニターに押しつけて、肉体的被害を与えた罪を認めている。当初の報道によるとGALLAGHERが公聴会に出席して、本人が直接声明を述べるかもしれないとされていたが、そうではなかった。GALLAGHERは落ちたときではなく押されたことによって肋骨を3本骨折し苦しんだ。彼が回復するまで、OASISは多くの公演をキャンセルせざるを得なかった。GALLAGHERはさらに、数ヶ月に渡る激しい痛みがあり、まだ襲撃からの影響が長引いていると付け加えている。 SULLIVANは、彼の起こした事件に対する民事訴訟で、6か月から8か月の刑務所での拘留と200万ドルの訴訟(アメリカでは194万ドル)を言い渡された。SULLIVANの弁護士は、SULLIVANが起こした今回の事件は彼の酩酊が理由にはならないとして、条件文の罪を認めている。

Billboard Daily News 2010年3月25日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる