海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 前座にSILVERSUN PICKUPSを迎え、MSGでライヴを敢行

前座にSILVERSUN PICKUPSを迎え、MSGでライヴを敢行


Muse
NYのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)を大観衆で埋めるためには、様々な方法で素晴らしい歌声と演奏を聴かせることが不可欠の要素となる。そんな世間に名高いアリーナ会場で3/5(金)にヘッドライナー公演を行ったイギリスの3人組バンド MUSEのライヴは、上昇式のビデオ機材、目玉のバルーン、突き刺すようなグリーンの照明など、派手で凝ったステージが最大のアピール・ポイントとなったステージだった。摩天楼をイメージした柱を組み立てたMUSEのステージ・セットは、演奏者を小さく見せてしまう作りではあったが、そんなステージでオープニング・アクトを務めたSILVERSUN PICKUPSの演奏は多くの観客を魅了。今年のグラミー賞で“最優秀新人賞”にノミネートされた実力を誇示するかの如く、BRIAN AUBERT(ヴォーカル、ギター)、NIKKI MONNINGER(ベース)、CHRISTOPHER GUANLAO(ドラム)の3人が、「THERE'S NO SECRETS THIS YEAR」、そしてAUBERTが乳ガンを克服したばかりの友人に捧げた「PANIC SWITCH」など、全8曲を力強くパフォーマンスした。そしてロック・ラジオ局の顔とも言えるパーソナリティーMATT PINFIELDによる紹介に続き、ステージの照明が点滅すると、フロアにいた観客は一斉にステージ前方へと移動。白いTシャツにシルバーのスーツに身を包んだフロントマンのMATTHEW BELLAMYが登場し、「UPRISING」、「RESISITANCE」と立て続けに熱唱した。その後BELLAMYは「ハロー、ニューヨーク・シティ!」と観客に向かってシャウトすると、ステージに膝をついてギター・ソロを熱演。さらに「ABSOLUTION」、「STOCKHOLM SYNDROME」、「BLACK HOLE AND REVELATIONS」、「STARLIGHT」を演奏し、「SUPERMASSIVE BLACK HOLE」ではU2のBONO風のファルセット・ヴォイスを聞かせ、2001年の曲「FEELING GOOD」ではピアノに向かってFREDDIE MERCURY張りの歌声を披露していた。

Billboard Daily News 2010年3月9日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 半額SALE
  • 売りつくしSALE
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる