HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 初の全米シングル・チャート1位を獲得

初の全米シングル・チャート1位を獲得


Ke$ha
12/24付けのビルボードHOT100は新人のKE$HAの「TIK TOK」が初のNO.1の栄冠を獲得。新人の女性シンガーが初のNO.1を獲得したのは2009年1月のLADY GAGAの「JUST DANCE」がNO.1を席捲して以来となる。この22歳のヴォーカリストがフィーチャーされた曲がHOT100で1位を獲得したのは、実は今回で2度目。彼女は今年初めに6週間チャートのトップに君臨したFLO RIDAの「RIGHT ROUND」にクレジットましで参加していた。「TIK TOK」は1/5に発売されるKE$HAのデビュー・アルバム『ANIMAL』からのファースト・シングルとなる。「TIK TOK」はデジタル・ソングズ・チャートでも221,000件のダウンロードで2位から1位に上昇。週間売上総数としては10/24のチャートで254,000件を記録したBRITNEY SPEARSの「3」に次ぐものだ。「TIK TOK」の台頭で、JAY-ZとALICIA KEYSの5週トップを独走していた「EMPIRE STATE OF MIND」は2位に後退した。チャートでは珍しいことだが、KEYSの「EMPIRE」のアコースティック・ヴァージョンが55位に初登場した。LADY GAGAの「BAD ROMANCE」はエアプレイ・ゲイナーを獲得し3位、ラジオ・ソングス・チャートでも6位から3位に浮上した。4位から7位は先週同様、IYAZの「REPLAY」、OWL CITYの「FIREFLIES」、DAVID GUETTA feat. AKON の「SEXY CHICK」、JASON DERULOの「WHATCHA SAY」。JAY SEANの「DOWN」は10位から8位に再浮上、BLACK EYED PEASの「MEET ME HALFWAY」は8位から9位に後退した。EMINEMの再発アルバム『RELAPSE: REFILL』からの新曲でDR.DREをフィーチャーした「HELL BREAKS LOOSE」が29位にホット・ショット・デビューとなっている。

Billboard Daily News 2009年12月24日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる