HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 映画『PRECIOUS』のテーマ曲を語る

映画『PRECIOUS』のテーマ曲を語る


Mary J. Blige
90年代初期に音楽業界入りして以来、MARY J.BLIGEは個人的な苦闘(ドラッグの乱用、不健全な人間関係)について歌にしてきた。そんな自分を卑下するような時代は遠く過ぎ去ったものの、彼女が「DESTINY」を歌っているライオンズ・ゲイトの新作映画『PRECIOUS』は同様の厳しいテーマで彼女を引きつけたという。「(監督の)LEE DANIELSが私にこの映画に関わってほしがったの。映画を見て『私が関わりたいと思わないわけがないじゃない? この映画のために歌いたいと思わないわけがないわ』と言ったのよ」とBLIGEは先週のBILLBOARD/ハリウッド・レポーター映画・TV音楽コンファレンスで語った。「歌詞を書いたのは私じゃないけど、映画を見たら自ずと共感が持てた。だって、私もあの女の子と同じような人生を生きてきたし、ほとんどああいう人生を生きてきた人たちを知っているんだから」MO’NIQUEと新人のGABOUREY SIDIBEが主演する『PRECIOUS』はSAPPHIREの著作『PUSH』の映画化だ。文盲、レイプ、家庭内暴力、近親相姦、肥満などの不幸な問題に直面する16歳について描いた悲惨な物語である。「多くの人々にショックを与えるだろうな、というのが映画の第一印象。とても強烈な映画なのよ」「年は若いけど、私の心はずっと老けてる/みんなの期待に応えて生きていたら破滅の世界に行くだけ/自分の声に耳を澄まさなきゃ/神様の声を聞いて、ドアを開けてはるかに大きな道へと踏み出していくのよ」と歌う「DESTINY」も同様に強烈だ。「ずっとパーソナルなことを歌ってきたけど、なぜそんなことが起きたのかを振り返って考えたことはなかった。この映画はそこを重視しているの。この歌を出すに当たって『なぜ』ということを掘り下げなくてはならなかった。そこがいちばんつらいところなのよ」

Billboard Daily News 2009年11月6日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる