海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ACLフェス最終日のフィナーレを飾る

ACLフェス最終日のフィナーレを飾る


Pearl Jam
彼らはやって来て、見て、踊って、泥まみれになった。10/4、 PEARL JAM、THE DEAD WEATHER、MICHAEL FRANTI、BEN HARPERらが2009年オースティン・シティ・リミッツの幕を引いたとき、会場はまさにそんな感じだった。ジルカー・パークのフェスティバル会場は土曜日の大雨でぐちゃぐちゃな状況になっていたが、何千人ものファンを足止めすることはなかった。雨は止み、太陽が顔を出して、日中は焼けるほど暑くなったが、夜はふたたび涼しくなった。「オレもすでにじっとり濡れちゃったよ。みんながどんな具合かは想像つくよ」とPEARL JAMのフロントマン、EDDIE VEDDERはヘッドライナーとしてACL初出演のステージで大観衆に言った。彼らは「EVEN FLOW」、「WYH GO」やアップ・バージョンの「DAUGHTER」などのクラシック・ソングとニュー・アルバム『BACKSPACER』からの「THE FIXER」などの新曲を混ぜ合わせて爆発的なステージを見せた。その日の早いうちにパフォーマンスを行なっていたBEN HARPERもPEARL JAMのステージに参加し、1996年のアルバム『NO CODE』から「RED MOSQUITO」を共演した。また、PERRY FARRELLがPEARL JAMによるJANE’S ADDICTIONSの「MOUNTAIN SONG」のカバーに飛び入りして観客をビックリさせた。その後彼らはNEIL YOUNGの「ROCKIN’ IN THE FREE WORLD」で2時間のステージを終えた。長らくオースティン住人の語り草になるようなパフォーマンスだった。THE DEAD WEATHERとMICHAEL FRANTI & SPEARHEADも全然違うノリながら多くの観衆を集めた。他にはARCTIC MONKEYS、DIRTY PROJECTORSらも観客を大いに沸かせていた。

Billboard Daily News 2009年10月6日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • G.W SALE!全品オフ!
  • アウトレットSALE
  • ビーチアイテム
  • GWスペシャルアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる