海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > “ACLフェス2日目にヘッドライナー出演

“ACLフェス2日目にヘッドライナー出演


Dave Matthews Band
オースティン・シティ・リミッツの初日は完璧な天候に恵まれたが、2日目は雨にたたられて観客はずぶ濡れとなり、ジルカー・パークは巨大な水たまりと化した。雨は断続的ではあったものの、ものすごい豪雨が観客を襲うこともあった。それでも、DAVE MATTHEWS BANDのオースティン・シティ・リミッツ・フェスティバル初登場のステージを見るために集まったファンの士気は衰えなかった。「この辺はずいぶんといい天気だね」とオープニングの「DON’T DRING THE WATER」のあとでMATTHEWSはいたずらっぽい微笑みを浮かべながら観客に話しかけた。バンドはTALKING HEADSの「BURNING DOWN THE HOUSE」のカバーや観客のお気に入りである「ANTS MARCHING」、「TWO STEP」、そして最新アルバム『BIG WHISKEY AND THE GROOGRUX KING』からの2NDシングル「WHY I AM」などを含む変化に富んだステージを披露した。もうひとつのヘッドライナー、GHOSTLAND OBSERVATORYの頃までに雨は止み、LEVON HELMのステージでは青空がのぞいた。彼はボーカルを担当し、THE BANDの「THE SHAPE I’M IN」やカントリーの古典「LONB BLACK VEIL」などを聞かせてくれた。GRIZZLY BEARとBON IVERのステージは大雨に見舞われたが、ファンはステージに大挙して集まった。どちらのステージもフォークのねじれた魅力を聞かせるもので若いファンに大いにアピールしていた。その他、10/3にはニューオリンズ出身のブルース・ピアニストのHENLY BUTLER、メリーランド出身のシンガー・ソングライターのCOTTON JONES、デンバーのキャバレー・ロッカー、DEVOTCHKAなどが登場した。

Billboard Daily News 2009年10月5日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる