海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 初のソロ・プロジェクトを11月リリース

初のソロ・プロジェクトを11月リリース


Dave Rawlings
GILLIAN WELCHの長年の音楽パートナーによると、DAVE RAWLINGS MACHINEはツアー中に新曲を試してみるための手段として「偶然に」スタートしたのだという。しかし、11/17にリリースされる『A FRIEND OF A FRIEND』でRAWLINGSはふさわしいスポットライトを浴びることになるだろう。「まず自分の好きな他人の歌を歌い始めて、それからある段階で自分自身の歌を歌いたいと思うようになってくるものなんだ」とRAWLINGSは言う。
「そういうことは大抵の人たちに起こるんだと思う。僕の場合、それが起こるのがずっと遅かったんだ」RAWLINGSは『A FRIEND OF A FRIEND』を自分でプロデュースし、今年の前半にナッシュビルのRCAスタジオBでレコーディングした。WELCHが9曲中8曲に登場(うち5曲を共作)、その他のプレイヤーにはTOM PETTY & THE HEARTBREAKERSのキーボーディストのBENMONT TENCH、BRIGHT EYESのキーボーディストのNATHANIEL WILCOTT、OLD CROWE MEDICINE SHOW(彼らの2006年のアルバム『BIG IRON WORLD』はRAWLINGSのプロデュース)のメンバーらが含まれる。歌の中にはRAWLINGSがRYAN ADAMSとADAMSのアルバム『HEARTBREAKER』のために共作した「TO BE YOUNG(IS TO BE SAD, IS TO BE HIGH)」の新バージョン、RAWLINGSとWELCHの共作曲でWELCHのアルバムにまったく違うバージョンで入ることになっている「IT’S TOO EASY」、BRIGHT EYESの「METHOD ACTING」とNEIL YOUNGの「CORTEZ THE KILLER」を組み合わせたものなどが含まれる。『A FRIEND OF A FRIEND』というアルバム・タイトルはBRIGHT EYESのCONOR OBERSTが命名したという。

Billboard Daily News 2009年9月30日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品セール開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる