海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > THE RUNAWAYSが映画に

THE RUNAWAYSが映画に


Joan Jett
JOAN JETTと彼女のビジネス・パートナーであり、クリエイティブ・パートナーのKENNY LAGUNAはJETTが創設メンバーで、1975年から79年まで率いた、中傷されつつも、影響を与えてきた女性だけのロック・バンドの映画『THE RUNAWAYS』に対し楽観的な考えを示した。この映画はRUNAWAYSのシンガー、CHERIE CURRIEの1989年の自伝「NEON ANGLE」に一部基づいている。JETTを演じるのは『TWILIGHT』のスター、KRISTEN STEWART、CURRIEはDAKOTA FUNNINGが演じ、オリジナルのプロデューサーのKIM FOWLEYを演じるのはMICHAEL SHANNON。映画公開は2010年に予定されており、現在監督のFLORIA SIGISMONDIによって最後の編集作業が進められている。「とてもシュールで言葉で表現することは難しいわ」と撮影にも同席し、エグゼクティブ・プロデューサーを務めたJETTは語る。「どちらかといえば私を笑顔にしてくれた。アメリカでの成功には関係なく、私のバンドに対する愛情と私がバンドを大切に思っていたという事実に確信がもてた。バンドに関わってきたすべての時間への自分の愛、同時にそれがいかに信じがたくて、ありえないようなことだったかということに、あらためて感じ入っているわ」そして、JETTは『THE RUNAWAYS』は全く自伝映画ではないと説明する。「映画で描かれているのは、THE RUNAWAYSのストーリーのエレメンツを抜き出しているだけで、事実そのままではなく、擬似ストーリーなの」LAGUNAは「成功を祈ってるよ。キャスティングは思っていた以上のものだし・・。大掛かりな映画ではないかもしれないが、ロックンロールを演奏している若い女の子には大きな影響をあたえると思うよ」と付け加えた。JETTとCURRIEは撮影の間中、自分達の役のコーチを務め、JETTは『TWILIGHT』の第2弾の『NEW MOON』を終えてすぐに駆けつけたSTEWARTに感銘を受けたそう。「KRISTENはこれをやる雰囲気に入り込んでいた。彼女は正確に演じる責任を重く感じていたと思う。彼女は私を一生懸命観察し、私の話し方や身振り、ギターの弾き方、立ちかたなどたくさん尋ねてきたわ。正確に演じることに一生懸命だった」「THE RUNAWAYS」のサウンドトラックは現在作業中だが、JETTは一方、2010年に新曲を加えたグレイテスト・ヒッツの発売も検討中。

Billboard Daily News 2009年8月26日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • こども服全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる