HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 新作にあわせ北米DJツアーを敢行

新作にあわせ北米DJツアーを敢行


Basement Jaxx
この10年間、ダンスフロアに影響を与え続けてきた英国のダンス・ミュージック・デュオのBASEMENT JAXXは秋のレアな北米DJツアーにあわせ最新のスタジオ・アルバムを発表する。DJツアーは10/30にサンフランシスコを皮切りに、ハロウィーンにはロサンジェルスのHARホーンテッド・マンション・パーティに出演、その後、11月上旬にはトロント、シカゴ、ニューヨークを廻る予定だ。彼らの5枚目のアルバム『SCARS』は10/6にウルトラ・レコーズとXLから共同発売される。先にお伝えしたように、JAXXのFELIX BUXTONとSIMON RATCLIFFEはYOKO ONO、KELIS、SANTIGOLD、ブルー・アイド・ソウルの新星SAM SPARRO、ELI "PAPERBOY"REID、AMP FIDDLER、BELLRAYSのシンガーLISA KEKAULAなど多くのコラボレートをこのプロジェクトで披露している。アルバムはオペラ的なイントロから始まり、タイトルトラックのハーフタイム・ビートのスタッターとバンドの特徴でもあるキッチンのシンク・ノイズが絡まる。「TWERK」はYO MAJESTYのラップをメインに、フラッシュダンスの「MANIAC」のリフを敷き詰めた、エレクトリックなダンス・ナンバー。「SHE'S NO GOOD」はLIGHTSPEED CHAMPIONのヴォーカルにファンクっぽいコール&レスポンスの曲。また、ファースト・シングルの「RAINDROPS」はBUXTON自身のヴォーカルがオート・チューン処理されいる。ONOの伝説的なヴォーカルは「DAY OF THE SUNFLOWERS(WE MARCH ON)」で聞けるし、SANTIGOLDはスカ調の「SAGA」に参加している。また、彼らは”PINK FLOYED的な、もっとアンビエント的”なタイトル未定のプロジェクトもレコーディングしたと、FELIX BURTONは話している。「これは後でミニ・アルバムで発売されると思う。よりバス・タイム・ミュージックだ」20 人以上のダンサーやシンガーが舞台に登場する巨大でサーカス的なライブをアメリカに持ち込むかについてはBUXTONはコミットしていない。「今まで、南アメリカ、オーストラリアでやってきて、これから日本、韓国に行く。今年の夏はヨーロッパー全土でやるつもりだ。もし、俺たちの音楽が受け入れられるなら、行くし、そうでなければ行かないよ」

Billboard Daily News 2009年8月24日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • 海外発送
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 対象アイテム70%オフ
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる