HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ドキュメンタリー映画で新曲2曲をプロデュース

ドキュメンタリー映画で新曲2曲をプロデュース


JIMMY PAGE
新作ドキュメンタリー映画『IT MIGHT GET LOUD』にU2のTHE EDGEおよびJACK WHITEと共に出演したLED ZEPPELINの創始者JIMMY PAGEは、収録の際にはお気に入りの古いナンバーを演奏するだけでなく新曲2曲もプロデュースしていたことが明らかになった。新曲は「EMBRYO NO.1」、「EMBRYO NO.2」というタイトルが付いており、PAGEは「それほど遠くない将来、新たな音楽を生み出す第1ステップとなる楽曲」と語っており、次のようなコメントをしている。
「撮影にあたって、僕はこんな風に考えた。“自分の過去から、新たに何を作り出すことができるか?”とね。僕にとって大切だったのは、今もなお「WHOLE LOTTA LOVE」を演奏していたあの頃に通じるギターを聴かせることができると証明することだった。14歳でギターを弾いていた僕と、今現在の僕の演奏とを対等な形で並立させたかったんだ」
またこれら2曲は、すでに昨年頃には他のミュージシャンたちと演奏を行っていたそうだが、タイトルからもわかるように現段階では胚芽(EMBRYO)のような未完成の状態だという。それゆえPAGEは、できる限り早い段階でスタジオ入りして他の新曲と共に完成につなげたいと考えているようだ。
「今年はいろいろなプロジェクトが目白押しで、その準備の予定が詰まっている。その他、水面下で進んでいるものもあって、来年はそれらを形にしていきたいと考えている。もちろんファンが望むなら、ライヴもやりたいと思っているよ。とにかく野心的なプロジェクトがいろいろあるので、時間をかけてしっかりとしたものに仕上げたい」
話題の映画『IT MIGHT GET LOUD』は、『AN INCONVENIENT TRUTH』、『NYPD BLUE』、『ER』、『DEADWOOD』などを手掛けたDAVIS GUGGENHEIMによる監督作品で、今年初頭に映画祭で公開されたのち、ようやく8/14(金)にニューヨークとロサンゼルスで一般公開がスタートした。内容は3人のギタリストそれぞれに焦点を当てたドキュメンタリーで、3人が一堂に会して議論や共演を繰り広げるといった展開になっている。

Billboard Daily News 2009年8月14日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる