HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > COACHELLA FESTIVALの会場でハロウィーン・フェスを開催

COACHELLA FESTIVALの会場でハロウィーン・フェスを開催


PHISH
公式ホームページを通じて、ファンの間で“一体どこで開催されるのか?”と大きな話題を呼んでいたPHISHのハロウィーン・ギグだが、このほど詳細が明らかになり、年恒例のCOACHELLA & STAGECOACH FESTIVALSの会場となっているカリフォルニア州インディオのEMPIRE POLO FIELDSで3日間に渡って開催されることが正式発表された。かつて彼らが恒例としていたハロウィーンの週末ギグが復活する形となったこのイベントは、“FESTIVAL 8”というネーミングのもとで10/30(金)〜11/1(日)の3日間に渡って開催され、ハロウィーン恒例として行っていたアルバムのカバー演奏を含む8セットのパフォーマンスが敢行される。
PHISH はこれまでにメイン州ライムストーン、ピッツバーグ、ニューヨーク州プラッツバーグ、フロリダ州エヴァーグレイズなど、遠隔地で行われた様々なフェスでギグを行い成功を収めてきた。しかし2004年には活動を休止し、ヴァーモントで行われたイベントを最後にキャリア第1章に終止符を打っていた。
また、ハロウィーンでのライヴを特別な恒例イベントとして行っていた彼らは、1986年、1987年、1989年、1990年、1991年、1994年、 1995年、1996年、1998年と、合計9回に渡ってライヴを敢行し、ファンのあいだでも根強い人気があった。特に1994年の回からは特定のアルバムを選んですべてカバーするという試みを開始し、1994年の初回ではTHE BEATLESの『WHITE ALBUM』、1995年にはTHE WHOの『QUADROPHENIA』、1996年にはTHE TALKING HEADSの『REMAIN IN LIGHT』、そして1998年にはTHE VELVET UNDERGROUNDの『LOADED』とPINK FLOYDの『DARK SIDE OF THE MOON』のカバーを披露している。
この “FESTIVAL 8”のチケットは、7/27(月)よりPHISHが運営するチケット・サービスにて販売が開始される。チケット価格は3日間のパスが199ドルで、この値段に加えてPHISHのチャリティ組織WATERWHEELへの寄付金1ドルと手数料が加算される。さらに会場のキャンピング・エリアに車で入場する際には、15ドルの車両通行パスを購入する必要があるとのことだ。
そのPHISHは、現在セルフ・レーベルJEMP RECORDSから9/8にリリースする14作目のスタジオ・アルバム『JOY』の制作最終段階に入っており、7/30からはコロラド州RED ROCKS AMPHITHEATERでの4日連続ライヴを皮切りに夏のツアーの後半戦に突入する。

Billboard Daily News 2009年7月27日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる