海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > セカンド・アルバムが初登場で全米No.1

セカンド・アルバムが初登場で全米No.1


DAUGHTRY
他界した“キング・オブ・ポップ”ことMICHAEL JACKSONが3週に渡って首位の座に就いていた全米アルバム・チャートだが、今週ようやくその勢いに歯止めがかかり、週間で269,000枚のセールスをあげたDAUGHTRYの『LEAVE THIS TOWN』が初登場No.1でランクイン。前作に続いて2度目の全米制覇を達成した。また、アルバムからの第1弾シングル「NO SURPRISE」は、現在ADULT TOP 40 RADIO AIRPLAY CHARTで6週連続TOP 5圏内にランクインしている。
DAUGHTRY は、2006年11月にリリースしたデビュー・アルバム『DAUGHTRY』で初週売り上げ304,000枚を記録して初登場2位でチャート・インし、そこから9週間かけてNo.1に座に登り詰めた。No.1を達成するほとんどのアルバムが、初登場週に1位でデビューした後にランクを下げていくパターンであることを考えると、この粘り強い動きは大きな注目となった。
DAUGHTRYに続いて今週2位につけたのはMAXWELLの『BLACKSUMERS’NIGHT』で、3位には先週の2位から後退した『HANNAH MONTANA 3』のサウンドトラックがランクインした。以下、4位には3位から後退したコンピレーション・アルバム『NOW 31』、5位には先週と変わらずBLACK EYED PEASの『THE E.N.D.』、6位にはWHITE STRIPESのJACK WHITE率いる4人組スーパー・ロック・グループTHE DEAD WEATHERの第1弾アルバム『HOREHOUND』が初登場でランクイン、7位には初登場でR&BシンガーJOEの『SIGNATURE』、8位にはラッパーのTWISTAの『CATEGORY F5』が同じく初登場、9位には10位から上昇したTAYLOR SWIFTの『FEARLESS』、そして10位には14位からTOP 10入りを果たしたKING OF LEONの『ONLY BY THE NIGHT』という結果となっている。
一方、全米アルバム・チャートでは首位の座から陥落したMICHAEL JACKSONだが、TOP POP CATALOG ALBUMS CHARTとTOP COMPREHENSIVE ALBUMS CHARTでは依然として強さを見せつけており、7/19を集計最終日とする最新チャートではアルバム『NUMBER ONE』が前者では1位、後者では2位の座に就いている。また後者のチャートでは、TOP 10圏内のうち6作品がJACKSONのアルバムで占められるという結果になった。

Billboard Daily News 2009年7月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 20%OFFクーポン発行中!
  • 売りつくしSALE
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる