海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > BRUCE SPRINGSTEEN、THE EAGLESを迎えた新作をリリース

BRUCE SPRINGSTEEN、THE EAGLESを迎えた新作をリリース


JOHN FOGERTY
自らがお気に入りのクラシック楽曲ばかりを集めたJOHN FOGERTYのニュー・アルバム『THE BLUE RIDGE RANGERS RIDES AGAIN』が、9/1にVERVE FORECAST RECORDSからリリースされる。
このアルバムには、BRUCE SPRINGSTEENやTHE EAGLESのメンバーがゲスト参加しており、収録曲にはJOHN PRINE、BUCK OWENS、JOHN DENVERといったアーティストのカバー作品に加え、FOGERTY自身の楽曲「CHANGE IN THE WEATHER」のセルフ・カバーがフィーチャーされているという。
すでに報道されているように、FOGERTYはこのアルバムを自らのプロデュースのもと、LENNY WARONKERと共にサンタモニカにあるVILLAGE RECORDERSでレコーディングを行った。1972年にFOGERTYの“ワン・マン・バンド”として収録したオリジナルの『THE BLUE RIDGE RANGERS』とは異なり、この新作ではKENNY ARONOFF、BUDDY MILLER、GREG LEISZ、HUNTER PERRIN、JASON MOWERY、CHIRS CHANEY、JAY BELLEROSE、DENNIS CROUCH、JODIE KENNEDY、HERB PEDERSEN、OREN WATERSといったオールスター・キャストによるバンド演奏が展開されており、「彼らは皆、素晴らしいプレイヤーたちばかりだ。“THE BLUE RIDGE RANGERS”のバイブがいかなるものかを理解しているし、最高にクールな演奏が実現したよ」とFOGERTYはコメントしている。
さらにゲスト・アーティストとして、THE EAGLESのDON HENLEYとTIMOTHY B. SCHMITがRICK NELSONのカバー曲「GARDEN PARTY」にヴォーカル参加したほか、BRUCE SPRINGSTEENがEVERLY BROTHERSのクラシック曲「WHEN WILL I BE LOVED」でFOGERTYとのデュエットを聴かせている。
またFOGERTYは、アルバムが発売されたのちにツアーを行うことを検討しているようで、「スタジオでのライヴ演奏がどれほど素晴らしかったか、神はちゃんとご存知だ。おそらくどんなロック・アルバムよりも、ライヴ感のある演奏だったと思うし、実際にオーディエンスを前に演奏すべき作品だと考えている。だから諸々の状況を整えつつ、実行に移す日を心待ちにしているんだ」と語っている。

Billboard Daily News 2009年7月21日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 楽天キャンペーン
  • 全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる