HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 遺産の管理を巡って法廷で論議か?

遺産の管理を巡って法廷で論議か?


MICHAEL JACKSON
MICHAEL JACKSONと彼の家族の弁護士は、強力な薬物が死を招いたかもしれないという報道が加熱する中、彼の財産を巡る法廷審問で話し合う構えだ。
ある法律専門家は、2002年のJACKSONの署名入り遺書の存在により、79歳になる母親のKATHERINE JACKSONがこの件に関して現在持っている一時的管理権を断念せざるを得なくなりそうだと見ている。「遺書の存在とMICHAELの意思の表明があるのだから、唯一考えうる結論はKATHERINEの力は限られており、彼女は遺産を管理する権利をもはや有していないということだ」とロサンジェルスの弁護士MICHAEL G. DAVEは7/5に語った。
KATHERINE JACKSONと遺言状の執行人とされる2人の男性の弁護士、JOHN BRANCAと音楽エグゼクティブのJOHN MCCLAINは7/6にロサンジェルスの高裁で話し合うことになっている。
KATHERINE JACKSONは、先週遺書が見つかる前に彼女の息子の財産の一時的管理者として認められていた。
遺書によると、合わせて5億ドルを超える価値があるとされる彼の資産は、彼の3人の子供と母親、そしてチャリティに利益をもたらすような家族信託にゆだねられることになる。報道によるとJACKSONは5億ドルほどの負債を抱えて死んだとされるが、彼には10億ドルにも上る財産があり、その中にはTHE BEATLESやその他のアーティストの楽曲の所有権も含まれている。

Billboard Daily News 2009年7月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる