HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 『THRILLER』が音楽ビジネスを変えた

『THRILLER』が音楽ビジネスを変えた


MICHAELJACKSON
1984年初頭、エピック・レコーズのエグゼクティブはハワイで行なわれたCBSのコンベンションで今後のリリースについて発表したが、彼らは自分たちがすでに手にしている成功を吹聴せずにはいられなかった。ニュー・アルバムの宣伝の合間にエピックはトラックの映像に「またMICHAEL JACKSONの『THRILLER』を新たに出荷しました」という声を重ねて流したのだった。
トラックは実際数分おきに倉庫を出ていたわけではないが、『THRILLER』は1982年11/30のリリース以来一年以上経ってもまだまだ売れていた。エピックはアメリカだけで一ヶ月に100万枚売っていたのだ。
発売から27年近く経って、『THRILLER』 は今なおアメリカでもっとも売れたスタジオ・アルバムとして君臨している。RIAAによるとプラチナ・アルバム28枚分に相当し、世界的には5000万枚以上売れている。
しかし、アルバムの成功はセールスだけでは計れない。JACKSONがムーンウォークで音楽史の中に入り込んでいったように、『THRILLER』は音楽ビジネスのプロモーションやマーケティングの仕方を変えてしまうような大ヒット・アルバムの新しい基準を作ったのだ。また、MTVを変え、ケーブル・ネットワークの人種的障壁を打ち破り、ビデオの質を向上させた。
最初からエピックはこの作品に賭けていた。レーベルはこれを世界同時発売する初のアルバムとし、それまでは6〜8ヶ月だった宣伝期間を2年にし、7曲ものシングルをカットした。この影響で、1984年にはBRUCE SPRINGSTEENの『BORN IN THE U.S.A.』から7枚のシングルがカットされ、すべてがBILLBOARDホット100のトップ10入りを果たした。また、PRINCEの『PURPLE RAIN』 やDEF LEPPARDの『HISTERIA』からも多くのヒットが生まれたのだった。

Billboard Daily News 2009年7月6日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる