海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > UKチャートに貢献

UKチャートに貢献


MICHAEL JACKSON
MICHAEL JACKSONの死はUKに於ける彼のアルバム、シングルの売り上げを急上昇させた。コンピレーションの『NUMBER ONES』はアルバム・チャートの1位を獲得。他に4枚のアルバムがトップ20入りし、6枚のシングルがトップ40に再エントリーを果たした。この動きがLA ROUXの「BULLETPOOF」がシングル・チャートで初登場1位を獲得したことを目立たなくしてしまった。
『NUMBER ONES』は2003年に発売されたもので、先週UKチャートで121位だったが、JACKSONの死の報道の後、金曜日、土曜日にファンが最も買い求めたアルバムとなった。2週1位だったKASABIANの『WEST RYDER PAUPER LUNATIC ASYLUM』を2位に追いやり、PAOLO NUTINIの『SUNNY SIDE UP』が2位から3位となった。TAKE THATの『THE CIRCUS』は12位から4位にリバウンドし、LADY GAGAの『THE FAME』は18位から5位に再びジャンプ・アップした。
MICHAELの今までのベスト・セラー・アルバム『THRILLER』は7位に再登場した。これは1984年以来初めてのトップ10入りとなる。
昨年発売されたコンピレーションの『KING OF POP』は2008年9月に3位だったが、今回14位に再登場。『OFF THE WALL』は17位、2005年の『THE ESSENTIAL MICHAEL JACKSON』は20位、豪華盤で再発された『THRILLER 25』は45位、『BAD』は59位となっている。トップ20に新しく登場したのは、70歳の誕生日発売されたNIEL SEDAKAの新録のヒット曲集の『MUSIC OF MY LIFE』が15位、JACK PENATEの『EVERYTHING IS NEW』が16位、GOSSIPEの『MUSIC FOR MEN』が18位。
LA ROUXのシングル・チャート・トップの「BULLETPROOF」は今年の4月、5月にかけて4週2位で1位を逃したヒット曲「IN FOR THE KILL」に続くシングルだ。DAVID GUETTAの「WHEN LOVE TAKES OVER」feat. KELLY ROWLANDは1位から2位にダウン、LADY GAGAの「PAPARAZZI」は8位から4位に上昇した。JACKSONのトップ40入りした6枚のシングルは「MAN IN THE MIRROR」が11位、「THRILLER」が23位、「BILLIE JEAN」が25位、「SMOOTH CRIMINAL」が28位、「BEAT IT」は30位、「EARTH SONG」が38位。他にもJACKSONやJACKSON 5の14枚のアルバムがトップ75入りしている。

Billboard Daily News 2009年6月30日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 売りつくしSALE開催中!
  • こども服全品セール開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる