海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 新作はWU-TANG CLANのアルバムではない?!

新作はWU-TANG CLANのアルバムではない?!


RZA
ヒップホップ・ユニットWU-TANG CLANのリーダーRZAは、6/30にグループがリリースするニュー・アルバム『CHAMBER MUSIC』について、「これはWU-TANG CLANとしてのアルバムではない。間違いなくWU-TANGにインスパイアされた作品だから、それに近いことは確かだが」とコメントした。
このアルバムは、ニューヨークのバンドTHE REVELATIONSによるライヴ演奏を背景に、WU-TANGのメンバーGHOSTFACE KILLAH、INSPECTAH DECK、U-GODに加え、M.O.P.、KOOL G RAP、HOVAC、AZ、TRE WILLIAMSなど多数のゲスト・アーティストがパフォーマンスを繰り広げているアルバムで、エグゼクティヴ・プロデューサーはRZA自身が務めている。
「この『CHAMBER MUSIC』というアルバム・タイトルは、かなりフィットしたネーミングだし、音楽的にも『ENTER THE WU-TANG (36 CHAMBER)』の頃に近いWU-TANGの枠組にハマった作品だと思う。厳密に言えば、これはWU-TANGのメンバー全員が参加している作品じゃないからグループのアルバムとは呼べないが、カテゴリー的にはWU-TANG以外のどこにも当てはまらないと思うね」とRZA。
またRZAは、今回のアルバム制作に尽力した人物としてコラボレーター兼プロデューサーのBOB PERRYの名を挙げ、「BOBこそが、“サンプリングを使わずにWU-TANGにインスパイアされたヴィンテージ・サウンドの作品を作りたい”というアイデアをくれた人物だ」と称賛。さらに音楽を担当したバンドTHE REVELATIONSについても、「彼らには求めていたバイブがあった。そしてアルバム全17曲を一環したフレーバーに仕上げてくれたよ」と評価し、アルバム制作に関しては「まるでWU-TANGのプロデュースをしていた頃に戻ったようだった。あの頃の作品には、1人のプロデューサーに1つのマインド、 1つのサウンドという一貫したものだったから」と振り返っている。
一方RZAとGHOSTFACE KILLAHは、具体的なプランは未だ固まっていないものの、2007年の『8 DIAGRAMS』に続くWU-TANG CLANとしてのニュー・アルバムの制作話もすでに進めているという。またRZA個人としては、映画初監督作品『THE MAN WITH THE IRON FIST』の撮影を進めているほか、ADAM SANDLERとSETH ROGAN主演コメディ『FUNNY PEOPLE』に顔見せ程度に出演したり、ROCK THE BELLS TOURでのパフォーマンスなど、しばらくは多忙が続くようだ。

Billboard Daily News 2009年6月26日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ
  • 全品SALE
  • OUTLETアイテムMAX70%
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる