海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > LAのバンドがワールド・ツアーに乗り出す

LAのバンドがワールド・ツアーに乗り出す


AIRBORNE TOXIC EVENT
AIRBORNE TOXIC EVENTが11カ国を回るワールド・ツアーをスタートさせる。
つねにツアーをしているロック・バンドのフロントに立つことの問題点は、小説を書き終えるための時間があまりにも少ししかないことだ。
シンガー/ギタリストのMIKEL JOLLETTはバンドのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムが発表されたとき以来そう感じるようになったという。
「完成させたいんだけど、ツアーをやり続けているからね。いい本を読んだあとなんかに家で書き物をするのが好きなんだ。だけど、バスに乗って書き物なんてなかなかできないよ。まったく違うライフスタイルなんだから」
ロサンジェルスのバンドは6/28にミルウォーキーのサマーフェストを皮切りに11カ国を回るワールド・ツアーに出る。バンドはヨーロッパ、アジア、オーストラリアを回り、9/17にはカリフォルニア州ポモーナのフォックス・シアターで秋の北米ツアーを開始する予定だ。
このツアーは2008年8月に発表されて以来110,000枚売れているデビュー・アルバムの成功に続くものだ。こうした注目は新進小説家だった JOLLETTにとってシュールに思えるという。彼はライターとしてNPR、ロサンジェルス・タイムスなどに書いており、バンド結成前にNPRでコラムを担当していたこともある。
しかし、彼は2006年に母親が癌を宣告され、自身も自己免疫疾患にかかったときライター業をやめ、毎日を有意義に暮らそうと決心して仲間とバンドを結成したのだった。
アルバムは文学的で小説からの様々なシーンが使われている。JOLLETTの豊かな想像力がサウンドやアレンジに見事にマッチしている。現在3RDシングル「WISHING WELL」はモダン・ロック・チャートの35位だ。

Billboard Daily News 2009年6月24日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天キャンペーン
  • アウター全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる