HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > JACK WHITEの新バンドが本格始動

JACK WHITEの新バンドが本格始動


DEAD WEATHER
すべては出なくなった声と、失踪した1台のツアー・バスから始まった。
昨年の秋、JACK WHITEのバンドTHE RACONTEURSのツアーでオープニング・アクトを務めた、ブルース・ロック・ユニットのTHE KILLS。そのヴォーカリストALISON MOSSHARTが歌声を披露していた時、WHITEは声が出ない状態だった。そしてツアーが終盤に差し掛かっていた頃、WHITE STRIPESとTHE RACONTEURS の両バンドのフロントマンを務めるWHITEは腰を痛め、一方のTHE KILLSはツアー・バスが運転手もろとも消え去るという災難に見舞われた。
失踪から1週間後、バスはロサンゼルス市内の駐車場で発見され、運転手は今年2月にマイアミで逮捕されたが、当時のことを振り返ってMOSSHARTは、「バスが消えてしまったから、私は同じ服を1週間も着るハメになった」と語り、WHITEは災難を忘れるためにツアーの最後にナッシュヴィルでジャム・セッションをやろうと提案したのだという。
「ナッシュヴィルにいた時だった。翌日には彼女がニューヨークへ戻ってしまうことになっていたので、“一緒に7インチ・レコードを作らないか?お互いに体力を消耗してエネルギーが残ってないだろ?だから7インチだ”と提案した」とWHITEは振り返る。
こうして生まれたのが、ドラムにWHITE、ヴォーカルにMOSSHASRT、ベースにTHE RACONTEURのJACK LAWRENCE、そしてギターにはQUEENS OF THE STONE AGEのメンバーでTHE RACONTEURのツアーに同行していたDEAN FERTINAという顔ぶれによる新バンド、DEAD WEATHERだ。
「それぞれがアイデアを出し合っているうちに、あっという間に4曲が出来上がったの。それで更に作業を続行しているうちに、新しいバンドと新しいアルバムが仕上がっていたという感じ。あまりの自然の流れに、信じられない気分だったわ」と、MOSSHARTはこの展開に驚きを隠せない様子だ。
この“スーパー・グループ”のアルバム『HOREHOUND』は、WARNER MUSICのディストリビューションのもとWHITEのレーベルTHIRD MAN RECORDSから7/14にリリースされる。アルバムは深夜のセッションから生まれた作品で、初期のLED ZEPPELINを彷彿とさせるディープでぬかるんだ響きがあり、BOB DYLANの楽曲「NEW PONY」のダークでブルージィーなカバーも収録されている。
DEAD WEATHERは、7/13のワシントンを皮切りに8月いっぱいまで全米ツアーを敢行。このツアーでは、WHITEという客を呼べる大物の存在があるにも拘らず、小規模なクラブなどを回ることになっているそうだ。

Billboard Daily News 2009年6月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる