海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 雑誌を買ってトリビュート・アルバムを無料ゲットン

雑誌を買ってトリビュート・アルバムを無料ゲットン


PRINCE
人気雑誌『SPIN』の7月号では、PRINCEのアルバム『PURPLE RAIN』および同名映画の25周年記念特集として、作品の歴史に関する各関係者からのコメンタリー記事の掲載に加え、9組のバンドによるPRINCEのクラシック・ソング9曲のカバーを収録したトリビュート・アルバムの無料ダウンロードを実施する。
『PURPLISH RAIN』とネーミングされたこのトリビュート・アルバムには、かつてPRINCEの秘蔵っ子として知られ映画でも主役を務めたAPOLLONIAも参加しており、彼女がGREG DULLIと彼のバンドTHE TWILIGHT SINGERSと共にカバーした「WHE DOVES CRY」も収録されている。
その他にも、SHARON JONES AND THE DAP KINGSによる「TAKE ME WITH U」、OF MONTREALによる「COMPUTER BLUE」、パンク・マリアッチのアレンジが施された「I WOULD DIE 4 U」、LAVENDER DIAMONDによるタイトル曲「PURPLE RAIN」などのカバーが収録されているとのことだ。
APOLLONIAとDULLIによるデュエット「WHE DOVES CRY」は、現在SPIN.comにてストリーミング配信されており、アルバムのフル・ダウンロードは『SPIN』7月号が発売される6/23より可能となる。
ダウンロードは無料だが、音源を入手するためには同雑誌の7月号の記事の中に掲載されている“手がかり”をもとにアクセスする必要がある。
作品の歴史に関する10ページに及ぶコメンタリー記事はBRIAN RAFTERYが編集・執筆を行い、記事にはRAFTERYが取材した主要関係者たちの話が掲載されている。その顔ぶれは、WENDY AND LISA、THE REVOLUTIONのメンバー、THE TIME、映画のプロデューサーで当時のPRINCEのマネジャーだったBOB CAVALLO、映画監督を務めたALBERT MAGNOLI、そしてオリジナル脚本を手掛けたWILLIAM BLINNといったキー・パーソンばかりだが、PRINCE本人とTHE TIMEの中心メンバーだったMORRIS DAYのコメントは含まれていない。もちろんPRINCEからのコメントは何としても取りたかったそうだが、「彼を説得するのは至難の業だった。ノスタルジーに浸って昔

Billboard Daily News 2009年6月12日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • ファイナルSALE開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • 楽天ペイ
  • ビーチアイテム
  • リブモオーディション
  • ANAP Beauty Professional
  • GUESSオープン!
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる