HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > MATISYAHU 、8月にニュー・アルバム『LIGHT』を発売

MATISYAHU 、8月にニュー・アルバム『LIGHT』を発売


MATISYAHU
ハシド派のレゲエ・アーティストMATISYAHUの、遅れていたサード・アルバム『LIGHT』が、8/25についに発売となる。収録された13曲は、昨年、ジャマイカ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ヴァージニアなど様々な場所でレコーディングされた。
MATISYAHUは『LIGHT』で、レゲエ・リズム・チームのSLY & ROBBIE、STEPHEN MCGREGOR、DAVID KAHNE(PAUL MCCARTNEY、SUBLIME)、FISHBORNのメンバーらのアーティストやプロデューサーとコラボレートした。
MATISYAHUは、アルバムの制作は1年前に終わっていたと言うが、エピック・レコードの職務の異動や交代で、保留となっていた。「エピック・レコードに雇われた新しい社長はAMANDA GHOSTで、彼女は僕の曲を聴いても、シングルを出そうとは考えなかった」と、MATISYAHUはBillboard.comに語った。「それで、何人かのプロデューサーに会い、もう2曲レコーディングした。そうしてできたのが「FOR YOU」と「ONE DAY」で、後者がリード・シングルになったんだ」『LIGHT』には、MATISYAHUらしいレゲエ/ダブの感覚が保たれているが、何曲かは新しい音や歌の領域を試みている。
「偶然だったんだ」と、『LIGHT』での様々なスタイルについて語った。「音楽に深く関わるほど、このギターの音や作品が好きなんだとわかったから、なにも妨げにはならなかった」
たとえばルーツ指向の「THUNDER」やフォーク色の強い「SILENCE」などでMATISYAHUは、いつもの歌のかわりに気ままなラップ・スタイルで歌うことに挑戦している。「人の声は生まれつきのもので、たとえそれが自然でなくても、いろいろな人の声を聴くうちに無意識に自分の好きな声をつくっていく」と彼は説明する。「だから、BOB MARLEYやたくさんのダンスホールなどを聴いてきているので、自分がラップやリズムを書くようになると、まずそれらのアーティストに似たものになる。この4年間は自分の声に真剣に取り組んで
いて、自然な声を再発見するようにレッスンを受けている」
MATISYAHUは現在、7月半ばまでの夏のツアーがスタートしている。彼はLES CLAYPOOLと共同でヘッドライナーを務め、シカゴのジャム・バンドUMPHREY'S MCGEEと4回のステージで共同ヘッドライナーを務める予定だ。ヒップホップ・アーティストのK'NAANも8回のステージでサポートを務める。
MATISYAHUはずっとツアーをしてきたが、『LIGHT』を制作するためにしばらくツアーを休んだ。「昨年は、ここ5年間で過ごした以上に家で過ごしていた」と彼は言う。「動き回らずに安定していたことで、自分に入り込み、より内省的なものが、このアルバムには表れている」

Billboard Daily News 2009年6月8日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる