HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > コラボ・アルバムの発売が事実上白紙に

コラボ・アルバムの発売が事実上白紙に


DANGER MOUSE
企画が発表された段階から2009年度の最もホットな作品になると話題を呼んでいたアルバムが、どうやらリリースの見通しがつかない状況に陥ってしまったようだ。
このアルバムは、GNARLS BARKLEYの片割れでGORILLAZやTHE BLACK KEYSのプロデュースなどでも知られるDANGER MOUSEと、批評家たちから高い支持を得ているサイケ・ロック・アクトSPARKLEHORSE(本名:MARK LINKOUS)のコラボ作品『DARK NIGHT OF THE SOUL』で、EMI RECORDSとの間に法的な問題が発生したことが頓挫の原因とのことだ。
リリースは完全なる凍結状態になるか、あるいは長期間の中断状態になるものと見られているが、DANGE MOUSEが発表した声明によると前者になる可能性が濃厚のようで、彼の代理人は「DANGER MOUSEはアルバムを非常に誇りに思っているし、何としても皆に聴いてもらいたいと願っている。彼自身がそうであったように、耳にした誰もが間違いなく興奮するような素晴らしいアルバムだからだ」とコメントしている。ちなみに、このリリースを願う声明に対してEMI側はまだ何の返答も行っていない。
アルバム音源は、ちょうどプロモーション・キャンペーンが動き出そうとしていた5/7頃にオンライン上にリークされた。そしてNPR (NATIONAL PUBLIC RADIO)は先週末の5/14、“EXCLUSIVE FIRST LISTEN”というシリーズの一環として同アルバムの全曲ストリーミングを行うことをアナウンスし、現時点で既に実施されている。このストリーミングはアルバム音源を唯一公式に入手できるソースであるため、結果的にNPRは今回の法的問題によるアルバム発延によって間接的に大きな収益を手にする格好となった。またNPRのプロデューサーによると、現時点でこのストリーミングの終了時期は“未定”とのことだ。
『DARK NIGHT OF THE SOUL』は全13曲が収録されており、参加アーティストにはTHE FLAMING LIPSのWAYNE COYNE、THE STROKESのJULIAN CASABLANCAS、IGGY POP、FRANK BLACK、THE SHINSのJAMES MERCER、SUPER FURRY ANIMALSのリード・シンガーGRUFF RHYS、元GRANDDADDYの中心人物JASON LYTLE、THE CARDIGANSのNINA PERSSON、シンガー・ソングライターのVIC CHEASNUTTといった多彩なミュージシャンが参加。またCDには、映画製作者DAVID LYNCHが撮影した写真集がセットでパッケージされることも決定していた。この写真集は、まだリリース日が決定していないが、リリースにあたっては実際の商品アルバムの代わりにCDRがパッケージされることになるようだ。

Billboard Daily News 2009年5月18日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる