HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > コーチェラの初日の最後を飾る

コーチェラの初日の最後を飾る


PAUL McCARTNEY
4/17、第10回コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルの初日のヘッドライナーはPAUL McCARTNEYが務め、素晴らしいパフォーマンスでこのマラソン・イベントに花を添えた。
ヘッドライナーとして登場したMcCARTNEYのパフォーマンスは音楽遺産にふさわしく素晴らしいものだった。MACCAはBEATLES、WINGSそしてソロの楽曲をバランス良く配置した2時間45分のステージを披露。若者から老人までコーチェラの観衆は真夜中の終了時間までいっしょに歌い続けた。
66歳のMcCARTNEYは6年ぶりに一新されたサウンド・システムを十分に使い、カルフォルニアのインディオにあるエンパイア・ポロ・フィールドに集まった満員の観衆を前に1曲目のWINGSの名曲「JET」からヒット曲を次々に演奏。
その日噂されていたこととは全く反対に、McCARTNEYのステージにはRINGO STARRもGEORGE HARRISONの息子のDHANIの姿はなかった。しかし、MACCAはパリっとした白いシャツに黒のサスペンダー姿で「DRIVE MY CAR」「BLACKBIRD」「BACK IN THE U.S.S.R.」「ELEANOR RIGBY」「LET IT BE」「I GOT A FEELING」「HEY JUDE」などBEATLESのアンセムを含む34曲を演奏した。
また、彼は今は亡きコラボレータたちのために時間を作り彼らを賞賛した。ウクレレでHARRISONのために「SOMETHING」を歌い、JOHN LENNONに敬意を表して「A DAY IN THE LIFE」「GIVE PEACE A CHANCE」をメドレーで演奏した。
最も感動的だったのは亡くなって11年目を迎える妻、LINDAを回想して演奏した時だった。MACCAは「彼女は砂漠を愛し、音楽を愛し、ロックンロールを愛した。彼女はすべてを愛した」と語った。
コーチェラの観衆を昔を懐かしむ旅に連れて行ってくれたのはPAUL McCARTNEYだけではなかった。74歳のLEONARD COHENもまたツアーに復帰し、彼の夕暮れのパフォーマンスはエレガントで記憶に残る素晴らしいステージで観衆を魅了した。
コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツは週末までに15万人の観衆が期待されている。

Billboard Daily News 2009年4月20日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 春のOUTLETアイテムMAX70%オフ
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる