HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > “ロックの殿堂入り”とニュー・アルバムについて語る

“ロックの殿堂入り”とニュー・アルバムについて語る


JEFF BECK
このほど新たに“ロックの殿堂入り”を果たしたJEFF BECKが、現在のツアー・バンドと共に秋にはスタジオ入りをしてニュー・アルバムのレコーディングに入ること検討しているようだ。これが実現すれば、2003年にグラミー賞を獲得した『JEFF』以来の新作リリースとなる。
先週土曜日にオハイオ州クリーヴランドで行われた授賞式の直前、BECKは「新作では、アンビエント・トランスから荒々しいもの、それにジャズ・フュージョン的なものや俗っぽく飾り立てたようなものまで、いろいろやると思うよ。でもまだ具体的なことは固まっていないし、いかに初期段階の道筋をつけるか検討中なんだ。僕の場合、いつも半分くらいまで仕上がると急に怖気づくクセがあってね。“これじゃダメだ。うまく行きっこない”という気分になり放置する。でも 1年くらいして聴き直してみると、“なんだ、きっとうまくいってたはずなのに”って感じる。そんな風だから、いつまで経っても終わらないのさ」とコメントしている。
すでにBECKは、キーボードのJASON REBELLO、ベースのTAL WILKENFELD、そしてドラムのVINIE COLAIUTAと共にカリフォルニアで数曲をレコーディングしたとのことだが、それらは現在PCのハード・ドライブの中に保存したままになっているという。しかし彼は、「きっとあの中には実を結ぶ作品があると思うが、敢えてもう1度白紙の段階から4人でやってみようと考えてる」と語っている。しかしながら、現在新たなコンサートDVD『PERFORMING THIS WEEK…LIVE AT RONNIE SCOTTS』のプロモーションのために北米ツアーを敢行しているため、新曲作りにそれほど多くの時間を割くことはできないとも考えているようだ。
一方、今回の“ロックの殿堂入り”に関しては、「すでにTHE YARDBIRDSとして殿堂入りは果たしているけど、正直なところあの時の式典はあまり楽しめなかった。またバンドに戻って、メンバーの1人としてプレイしなければならない事実にフラストレーションを感じたからね。でも今回はソロとして功績が認められたわけだし、当然、喜びはひとしおだったよ」とコメントしている。
そのBECKは、今回の式典でかつてTHE YARDBIRDSで共にプレイしたJIMMY PAGEと2人で「BECK’S BOLERO」とLED ZEPPELINの「IMMIGRANT SONG」を演奏したほか、AEROSMITHのJOE PERRY、RED HOT CHILI PEPPERSのベーシストFLEA、ROLLING STONESのギタリストRON WOODという“オールスター・メンバー”で「TRAIN KEPT A ROLLIN’」のジャム・セッションを行い、さらにELVIS PRESLEYの「JAILHOUSE ROCK」のパフォーマンスにも参加して会場を沸かせた。
そして「“殿堂入り”という言葉には、人気バンドの一員としてではなくソロとしての演奏が認められた時こそ、より一層重みと深みが生まれると思うんだ」とコメントし、喜びを表現した。

Billboard Daily News 2009年4月6日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる