海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > BECKのロック殿堂入りで共演

BECKのロック殿堂入りで共演


JIMMY PAGE
JIMMY PAGEが人前に現れることは珍しいが、LED ZEPPELINのギタリストは4/4、喜んでクリーヴランドまでやって来て、長年の友だちであり元YARDBIRDSのバンド仲間でもあるJEFF BECKのソロ・アーティストとしてのロックの殿堂入りを手伝った。
「JEFF は彼自身にとってもまったくユニークな青写真を開発する役目を果たし、それは他のすべての人たちの役に立つ素晴らしい青写真だったんだ」とPAGEは式典の前に語っていた。「彼が成し遂げたことに匹敵するような人は誰ひとりいない。彼はエレクトリック・ギター・ミュージックのサウンドや様相をすっかり変えきってしまったんだ」
BECKの殿堂入り(二人のギタリストは「BECK’S BOLERO」とZEPPELINの「IMMIGRANT SONG」を一緒に演奏)のあとで二人の長く続いている友情について尋ねられたPAGEは「僕たちはお互いのことを……11歳のときから知ってるからね。同じことに夢中になってきたし、音楽は出会ったときから大きな共通項だったんだ。だからずっといつまでも続いているのさ。僕たちはお互いのプレイやソロの試みやその他もろもろのことを尊敬し合ってる。共通のリスペクトがあるんだよ」
二人は1966年にBECKがYARDBIRDSを脱退したときのことで冗談を言い合った。「オレは追い出されたんだ」とBECKが言うとPAGEは「僕が追い出したんじゃないよ」と答えた。
BECK「おまえが悪いんだ! ステージにオレが一緒にいるのがイヤだったからだろ!」

Billboard Daily News 2009年4月6日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる