HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 一晩にガラリと違う3つのショーを披露

一晩にガラリと違う3つのショーを披露


PRINCE
1985年にPRINCEは『AROUND THE WORLD IN A DAY』をリリースした。それから25年近く経って、彼は最新作(ターゲットと彼のウェブのみで限定販売される『LOTUSFLOW3R』と呼ばれる3枚組CD)の発売を記念して一晩でLAの3つの会場をぐるりと回ってみせた。
それぞれの会場で新作を1枚ずつ丸ごと披露したわけではないが、PRINCEは3というテーマにこだわり、それぞれくっきり違う音楽指向やバック・ミュージシャンをつけた3つの異なるセットを、複合ビルの3つの会場(ノキア・シアター、コンガ・ルーム、クラブ・ノキア)で行なった。
その結果はきわめて多様性のある音楽の長い夜となったが、サウンドの問題にずっと悩まされ続けることにもなった。しかし、彼は最後まで見事にやり遂げて、ファンにその妥協のなさと究極の才能を見せつけた。
3つのショーのひとつ(最大の会場である7100人収容のノキア・シアターで90分間に渡って行なわれた)は最初から技術的問題に見舞われたが観客を大いに喜ばせるものだった。オープニングの『LOTUSFLOW3R』の『MPLSOUND』からの「OLD SKOOL COMPANY」でセットのトーンがハッキリした。「1999」で観客は大いに盛り上がった。彼はサウンドの問題に文句を言ったが、そんなものには負けないと誓い「この会場をメチャクチャにしてやる」と宣言した。
サウンドの問題は続いたものの、PRINCEは観客をステージに招いて踊ったり、「PLAY THAT FUNKY MUSIC」や「HOLLYWOOD SWINGING」などのカバーを歌ったりしてショーをオールド・スクールなハウス・パーティのように盛り上げた。
その後、コンガ・ルームではトリオ編成でギターを弾きまくってロックな面を見せ、最後のクラブ・ノキアではジャズ・トリオに変貌して多才な才能を見せつけた。

Billboard Daily News 2009年3月31日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる