海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > SXSWで2週間ぶりの演奏を披露

SXSWで2週間ぶりの演奏を披露


METALLICA
サウス・バイ・サウスウェストで、金曜日に演奏したMETALLICAのアンコールに入るブレイク中にひとりのファンが、STUBBのバーベキュー・レストランの後方の会場のフロアで「これってサウス・バイサウスウェストのルーツ・ミュージックじゃない」と言った。その通りだ。ヘッドバンギングの4人組みのライブは確かに本来の古いアメリカ音楽のフェスティバルのイメージとは正反対のものだった。しかし、フロントマンのJAMES HETFIELDはイベントの趣旨に沿ってピアノでバンドをリードした。
METALLICAにとって初のSXSW出演は、『GUITAR HERO』ゲームのプロモーションのためのキャンペーンの一環で、秘密にされていたもの。少し滑稽にも見えた。秘密裏にされていたMETALLICAのライブは周知の事実で、SXSWをハイジャックにするのに成功したようだ。数日間、多くの人たちは実際ゲート入るために、いかに早くSTABBに入るかという会話を交わした。
ラッキーな2500人はMETARICAの2008年のアルバム『DEATH MAGNETIC』アルバムのプロモート・ツアーのセットと同じショウを目にした。このパフォーマンスはHETFIELDに病気のため、スウェーデンでのショウを延期後、2週間ぶりのライブだったが、まったく問題はなかった。
90 分13曲のライブは『DEATH MAGNETIC』から2曲、1991年の『METALLICA』以降の曲は演奏しなかった。MATALLICAのメンバーは彼らが通常行っている大きなアリーナ会場よりも小さい会場での演奏を楽しんでいるように見えた。大音量というだけではなく、激しいパフォーマンスで、彼らの一体感を感じた。

Billboard Daily News 2009年3月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE
  • GUESSオープン告知
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • LINEスタンプ
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる