HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 週末3日間のリユニオン・ライヴを敢行

週末3日間のリユニオン・ライヴを敢行


PHISH
「本当に信じられない週末だった」。PHISHのギタリストTREY ANASTASIOは3/8(日)に行われた3日間に及ぶリユニオン・ライヴの最終日、熱狂するオーディエンスに向かって熱く語りかけた。そしてPHISHの過去の作品を始め、お気に入りのカバーを数々と披露して会場を大いに沸かせた。
久々のリユニオンに観客の期待が最高潮に高まっていた初日、そしてよりヘヴィーなファンクを展開した2日目に続き、最終日となったこの3日目のライヴでは、活動休止にまつわる様々な要素が顔を見せた。
まずオープニングを飾った「SANITY」では、ANASTASIOが“何度か正気を失った”というフレーズを歌いながら思わず頭を振って苦笑い。これはドラッグ摂取で逮捕された自身のことを思い出してのリアクションだ。そして「UNDERMIND」の中に繰り返し登場する“改革され、再び定義された”というフレーズは新生PHISHを彷彿とさせ、さらに「FREE」の中で“忘れていた感覚がいま甦ってきた”と歌うANASTASIOの姿に酔いしれるファンの姿が印象的だった。
約1時間45分にも及んだ第1部では、激しいロック・ナンバー「WILSON」を始め、「MY FRIEND, MY FRIEND」、「MAZE」、「SCENT OF A MULE」などのPHISHのカタログ・ナンバーが披露されたほか、ベーシストのMIKE GORDONがDICKEY LEEの「SHE STILL THINKS I CARE」のカバーを演奏。さらにインストによるクラシック・ロック「FRANKENSTEIN」ではPAGE McCONNELLがピアノ・セットから離れ、ANASTASIOとGORDONの隣に立ってキーターを演奏する姿も見られた。
そして第2部ではよりヘヴィーな演奏を展開し、22分に及ぶ「DOWN WITH DISEASE」などで進化したサウンドを聴かせた。さらに後半ではカバー曲も多数披露し、「2001: A SPACE ODYSSEY」やBEATLESの「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」などを演奏。最後はANASTASIOがこのリユニオン・ライヴで最高のヴォーカルを聴かせた、11分に及ぶ「SLAVE TO THE TRAFFIC LIGHT」で幕を閉じた。
PHISHはこのあと6/4のNYジョーンズ・ビーチを皮切りに、2週間半に及ぶツアーを再開する。6/11〜6/14のBONNAROO FESTIVALでのステージ以外、すでに全日程がソールド・アウトになっている。
今回の3日間に及ぶリユニオン・ライヴは、現在livephish.com.にて無料ダウンロードが可能。また、初日と2日目のショーに関するリポートもBillboard.com に掲載されている。

Billboard Daily News 2009年3月10日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる