HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ツアーではニュー・アルバムの楽曲すべてを演奏

ツアーではニュー・アルバムの楽曲すべてを演奏


MASTODON
アトランタを拠点に活動するMASTODONは、50分に及ぶ7曲入りヘヴィ・メタル・アルバム『CRACK THE SKYE』を3/24にリリースする。そして間もなくスタートするツアーでは、その新曲すべてを聴くことができそうだ。
ギタリストのBILL KELLIHERは、「アルバム全曲をライヴで演奏するというのは、これまでにない試みだよ。でもあのアルバムの7曲は、どれか1つが欠けても違和感がある。だからステージではすべてまとめて演奏し、さらに刺激的な視覚効果も織り交ぜてオーディエンスをエキサイトさせようと考えているんだ」とコメント。さらに新曲すべてを使ったショート・ムービーを制作することも検討しているそうで、KELLIHERによると“(PINK FLOYDの)『THE WALL』のMASTODONヴァージョン”といった雰囲気の仕上がりを想定しているようだ。
ツアーの幕開けとなるのは4月半ばに行われるCOACHELLA MUSIC FESTIVALで、その後はヨーロッパでの公演に臨む予定だが、2/28にはその前哨戦とも言えるステージを地元アトランタのナイトクラブ“マスカレード”で敢行。これは40組以上のバンドが集結したヘヴィ・メタル・フェスティヴァルで、MASTODONはそのヘッドライナーを務めた。
またニュー・アルバム『CRACK THE SKYE』について、ドラマーのBRANN DAILORは次のようにコメントしている。
「作品コンセプトは至ってシリアスな内容さ。手足の不自由な青年が宇宙の旅に出るというストーリーで、太陽に接近しすぎて宇宙服の命綱が焼けてちぎれてしまうんだ。そして彼はワームホール(ブラックホールとホワイトホールをつなぐ時空間)に入り込んでしまい、そこで出会った精霊たちと話をする。そして精霊たちは彼を救おうと結束し、かつて怪僧ラスプーチンも属していた20世紀のロシア正教の一派“KLISTI”に彼の行く末を占わせる。KLISTIの連中はラスプーチンが殺されることを知っていたので、この青年の魂をラスプーチンの中へと注入。その後王位を狙ったラスプーチンはユスポフによって殺害され、その体は青年とともに天空の亀裂の間から宇宙空間へと投げ出され、ラスプーチンの中にあった青年の魂は無事に元の体の中へと戻っていく。それがだいたいのストーリーで、かなり個人的な比喩ばかりで構成された内容さ」
このアルバムは、全米で146,000枚という彼らにとって過去最高の売り上げを記録した2006年の『BLOOD MOUNTAIN』に続く作品となる。また今回は、BRUCE SPRINGSTEENのバンドのドラマーMAX WEINBERGによって紹介されたBRENDAN O'BRIENがアルバム・プロデュースを手掛けている。

Billboard Daily News 2009年3月2日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる