海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 心臓発作を起こし集中治療室に運ばれる

心臓発作を起こし集中治療室に運ばれる


PYLON
ニューウェイヴ・バンドPYLONのギタリストで創始メンバーのRANDALL BEWLEYが、故郷ジョージア州アセンズで心臓発作を起こし集中治療を受けている。
これはバンド仲間のVANESSA HAYからのE-Mailを地元新聞THE ATHENS BANNER-HERALDが伝えたもので、BEWLEYは2/23(月)に自分のバンを運転中に発作を起こし、車は道路を横滑りして横転。現場に駆けつけた救急隊によって、ATHENS REGIONAL MEDICAL CENTERに運ばれたという。
PYLONは1979年にジョージア大学の美術科に通っていたBEWLEY、ベーシストのMICHAEL LACHOWSKI、ドラマーのCURTIS CROWE、そしてヴォーカルのHAY(のちにBRISCOEに改名)の4人によって結成され、地元アセンズのアート系ダンス・パーティー・シーンを担うバンドとして活躍した。その輪の中にいたのはB-52’sやR.E.M.などで、両バンドともPYLONの大ファンであり影響を受けたバンドとして名前を挙げている。
PYLONは結成から1983年に解散するまでの4年間に、GANG OF FOUR、MISSION OF BURMA、THE TALKING HEADS、U2などのバンドと共にツアーを行い、アルバムを4枚リリースした。その後1989年に再結成を果たし、R.E.M.の“GREEN”TOURに参加したのち、翌1990年にはニュー・アルバムを発表。以来、散発的に演奏活動を行ってきた。
そして2007年には、DFA RECORDSがデビュー作『GYRATE』の拡大ヴァージョンをリリースし、今年末には1983年リリースの『CHOMP』を再発売することも決定している。

Billboard Daily News 2009年2月26日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる