海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > カントリーの大御所、新作は焦らず

カントリーの大御所、新作は焦らず


ALAN JACKSON
15枚目のスタジオ・アルバム『GOOD TIME』がいまだにヒットを出している(最新ヒットはトップ20に入った「COUNTRY BOY」)ALAN JACKSONは、次のアルバムに急いで取りかかる必要はないと言っている。
「いつも冬にレコーディングするんだけど、この冬はちょっと早めに仕事を終えるかもしれない。先回りして仕事をするのは好きじゃないんだ。事態は変わるし、最終段階に達する前に考えがまるっきり変わってしまうかもしれないからね。待つのが好きなんだよ」
しかし、『GOOD TIME』のセッションですでに次の作品へのきっかけはできているという。
「ものすごくたくさんマテリアルがあったんだ。このアルバムのために25曲作ったけど、17曲しか使わなかったから、すでに8曲用意できていて、次のアルバムで使うつもりでいたのさ。でも、すでに新曲も2,3書いてあるんだ。近いうちに外部のマテリアルをチェックし始めるつもりだよ」
2006年にはALISON CRAUSSとのコラボレーションでブルーグラス・スタイルの『LIKE RED ON A ROSE』とゴスペル・アルバム『PRECIOUS MEMORIES』を出したJACKSONだが、『GOOD TIME』でメインストリームの・カントリーに復帰し、カントリー・アルバム・チャートに初登場ナンバーワンを飾った。
「かなりうまくいったと思うよ。20年近くの間毎年一枚アルバムを出してきたから、ちょっと休みを取って、違うことをやってみるいいチャンスだったんだ」
「COUNTRY BOY」は『GOOD TIME』からの3枚目のシングルだが、レコード会社は「5枚はシングルを絞り出したがっている」とのことだ。
彼は今年のカントリー音楽協会賞の授賞式に出演しパフォーマンスを行なう予定だ。

Billboard Daily News 2008年11月6日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • GUESSオープン!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる