海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 女優業とソロ・アルバムの制作を両立 SHIRLEY MANSON

女優業とソロ・アルバムの制作を両立 SHIRLEY MANSON


GARBAGEのSHIRLEY MANSONは、この数ヶ月に渡って曲作りを進めてきたソロ・アルバムのレコーディングのため10月よりスタジオ入りする。
MANSONは現在、FOXテレビで放送中のドラマ『TERMINATOR: THE SARAH CONNOR CHRONICLES』に出演しているが、「すでに楽曲はたくさん書き溜めてあるし、女優業が音楽キャリアの妨げになる心配はないわ」と語っている。
このドラマ『TERMINATOR: THE SARAH CONNOR CHRONICLES』で、MANSONは最先端ハイテク企業の謎に満ちた最高経営責任者CATHERINE WEAVERを演じている。しかしその素性は、映画でARNOLD SCHWARZENEGGERとROBERT PATRICKが演じていたのと同じく、JOHN CONNORを殺すために未来から送られた“ターミネーター”という役柄だ。
俳優業に進出したミュージシャンとしてTIM McGRAW、COURTNEY LOVE、DAVID BOWIEらの存在を崇拝していると語るMANSONは、「概してミュージシャンというのはとても繊細な傾向があると思うし、その資質はスクリーンで多くの俳優たちと絡む際に大いに役立つものだと思う」とコメントしている。
そんな彼女だが、ミュージシャンとして自分自身に挑戦する姿勢を貫く一方、これまでのキャリアを大きく変えるつもりはないと語っている。「成功したバンドに所属したら、そういう考えはなくなると思うわ。それにバンドで活動するのは小規模なマフィアに所属するようなもの。一度メンバーになったら、生きて抜け出すことは不可能よ」
ドラマ『TERMINATOR: THE SARAH CONNOR CHRONICLES』の第2シーズンは9/8にプレミア放送されたばかりで、NIELSEN MEDIA RESEARCHによると約630万人が視聴した。そしてMANSONによると、GARBAGEのメンバーBUTCH VIGはテレビで彼女の女優デビューを見届けるなり、「超サイコーだった。気に入ったぜ!」というEメールをすぐさま送ってきたそうだ。
「バンドでのパフォーマンスは決して“退屈”なわけじゃないけど、今となっては怖気づくこともなくなってしまった。でも女優としての仕事には恐怖を感じるから、私にとっては新たな挑戦であり最高に気分がいいの」とMANSONは語っている。

Billboard Daily News 2008年9月11日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる