海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 新作では基本に戻ってラウドにロック OASIS

新作では基本に戻ってラウドにロック OASIS


OASISが10/7にアメリカではビッグ・ブラザー/ワーナー・ブラザーズから発表する『DIG OUT YOUR SOUL』は、削ぎ落とされたロックのルーツに立ち返った作品だ。1STシングルの「THE SHOCK OF THE LIGHTNING」は9月の発売に先駆けてKVGSラスベガスやWFNXボストンなどでエアプレイされている。
オープニングの「BAG IT UP」の2コード攻撃は1994年のデビュー・アルバム『DEFINITELY MAYBE』の「COLUMBIA」を思い出させる。続く執拗な「THE TURNING」は、「BLACKBIRD」スタイルのフィンガー・ピッキングへと姿を変えていき、車の警笛や交通の騒音のアウトロとなる。
NOEL GALLAGHERの歌うドロドロとした「WAITING FOR THE RAPTURE」はBEATLESの「COME TOGETHER」を思わせる。一方手拍子・足拍子の入ったブルース・ロックの「(GET OFF YOUR)HIGH HORSE LADY」やブギー・ヴァイブの「THE NATURE OF REALITY」はアルバムの「基本に戻る」感じを拡張させたような曲だ。
また、LIAM GALLAGHERの書いた「I’M OUTTA TIME」はJOHN LENNONが1980年に亡くなる直前のBBCラジオ・インタビューからのテープを引用している。NOELの歌う「FALLING DOWN」は彼が以前にやったCHEMICAL BROTHERSとのコラボレーション「SETTING SUN」のビートを思わせる。新作をITUNESでプレオーダーした人はこの曲をすぐにダウンロードすることができる。
NOELは『DIG OUT YOUR SOUL』の中の6曲、LIAMは3曲、ベーシストのANDY BELLとギタリストのGEM ARCHERはそれぞれ1曲を書いている。

Billboard Daily News 2008年8月21日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる