HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 9月に待望の新作をリリース MICHAEL FRANTI

9月に待望の新作をリリース MICHAEL FRANTI


この4年間、MICHAEL FRANTIはドキュメンタリー映画『I KNOW I'M NOT ALONE』の撮影と同作品に付随したCD『YELL FIRE!』の制作、さらに子供向けの本『WHAT I BE』の執筆のために、バグダッド中心部、ヨルダン川西岸、そしてガザ地区へと赴いていた。
そんな彼が9/9にリリースするニュー・アルバム『ALL REBEL ROCKERS』は、その反逆的な響きのタイトルとは裏腹に、ジャマイカのレゲエ・クラブ・サウンドを背景に重厚なグルーヴとダブ・ミックス展開され、時には楽しげな要素も感じられる1枚に仕上がっている。
「俺の作品は決して政治的な要素から離れることはがないが、今回は何よりも楽しいアルバムにしたかった。社会に根ざした内容で、このイカレた世の中に対抗できるようなアルバムであると共に、人々をインスパイアし高揚させるような作品を作りたかったのさ」とFRANTI。
そのほか、アルバムにはダブ・グルーヴが前面に押し出された「RUDE BOYS BACK IN TOWN」、日差しを浴びたような明るい曲「LIFE IN THE CITY」、さらに現在オンライン上で入手可能なクラブ風のシング・アロング作品「HEY WORLD (REMOTE CONTROL VERSION)」などが収録されている。ちなみにアルバムは、おもにジャマイカのキングストンでレコーディングされ、プロデュースのほとんどをSLY AND ROBBIEが手掛けている。
「ジャマイカでのレコーディング中、スタジオのドアを開けっぱなしにして録音したものを流していたら、外からいろんな連中が入ってきては踊ったりしていた。そんな中、まったく見かけたことがない男が俺に向かって、『ちょっとアンタ、キーボードを入れたほうがいい箇所があるぜ』と言ったんだ。それに対して俺は『なんだ?お前はプロデューサーか何かか?』と応えたが、そいつの提案に従ってみた。そして仕上がったものを聴いた時、そいつが正しかったって気付いてマジで驚いたね」
そして今回のアルバムでは、何よりもダブ・ミックスに力を入れたそうで、「ダブには俺の個人的な楽しみってこと以上の価値がある」とFRANTIは語っている。最終的にはかなりの数のダブ・ミックスが出来上がり、その結果として通常のアルバム以外に2つのデラックス・エディションを制作することになるようだ。その1つは、5つのミュージック・ビデオ、ドキュメンタリー映画のメイキング映像、そして数曲のボーナストラックを収録したもので、もう1つは更に豪華で、加筆したライナーノーツ、7インチのアナログ、グッズなどを加えたものになるようだ。
FRANTIと彼のバンドSPEARHEADは2008年末までライヴの予定が詰まっており、アメリカ、ヨーロッパ、日本でフェスティヴァルに参加するほか、アメリカ、オーストラリア、ブラジル、タンザニアなどでヘッドライナー・ツアーを行うことになっている。

Billboard Daily News 2008年8月1日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる