HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > MIKE GORDONがバンド復活に前向きなコメント MIKE GORDON

MIKE GORDONがバンド復活に前向きなコメント MIKE GORDON


8/5にソロ・アルバム『THE GREEN SPARROW』をリリースする元PHISHのベーシストMIKE GORDONは、将来的にバンド活動が復活する見通しがあることを認める一方、飽くまでも「巷で噂されていることに関してのみで、それ以上の可能性については何も言えない。なぜなら自分たちにもまったく予測がつかないからだ」と過度の期待に対する牽制のコメントをした。
これはキーボード奏者PAGE McCONNELLが「2004年にPHISHは解散したが、また時々4人で演奏する可能性がでてきている」と語ったことに言及したコメントで、GORDONはビルボードとのインタビューの中でもそれを裏付ける内容を語っている。
それによると、ここ数年ほどは4人がスタジオ作業などで顔を合わせる機会が増え、McCONNELLとギタリストのTREY ANASTASIOがGORDONの新作『THE GREEN SPARROW』に参加しているほか、アルバムの収録曲からはもれてしまったがドラマーのJON FISHMANも複数の楽曲で演奏してくれたという。
「解散後しばらくの間は、何度か食事をしたりつるんでいたことはあったけど一緒に演奏することはなかった。だから復活の可能性が出てきたことにはすごく興奮している。レコード契約もないから気分的にラクだし、バンドを存続させるために大規模な刷新をするなんてことも必要ない。プレッシャーがないのがいいね」。
「とにかく“何かをする”という考え方が第1で、皆でブレーンストーミングをしながらいろいろな方向性を模索している。その過程で視点が変わって新たなアイデアが生まれるかもしれないし、そういうやり方にすごく満足しているんだ。でも現段階で言えるのはそれだけだ。この先どうなるか、僕らにも確信がないからね」とGORDON。
しかし彼は、GRATEFUL DEADの元メンバーたちが今年初めに民主党のOBAMA候補のために再結成したように、政治的な目的でPHISHを再結成させる可能性は否定。「PHISHは幾つかの例外を除いては、政治的な事柄に関わらないよう務めてきた。選挙の投票を促す活動はいろいろやってきたが、僕らは飽くまでもミュージシャンであり、政治に対する考え方やコメントを発することは必ずしも相応しいことだとは考えていない」とコメントしている。
そしてGORDONは最後に、リユニオンの期待が高まる中でもPHISHのメンバーたちは各自のスケジュールを最優先に考えていることを強調。GORDON 自身は新たなバンドを率いてヘッドライナー・ツアーやフェスティバルでのパフォーマンスなど、9月初旬まで多忙な日々が続くとのことだ。

Billboard Daily News 2008年7月1日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • 海外発送
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 対象アイテム70%オフ
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる