海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 新作はスタンダード路線 BOZ SCAGGS

新作はスタンダード路線 BOZ SCAGGS


BOZ SCAGGSは次のアルバムでもスタンダード路線を続けるようだ。
9月に発売が予定されているアルバム『SPEAK LOW』で現在のレーベルからの最後のアルバムとなるSCAGGSは2003年の『BUT BEAUTIFUL』に続くアルバムはある意味プログレッシブで実験的で、GIL EVANS的なアプローチだと話す。
SCAGGSは「3名のストリングス、木管楽器ベースとハープなど普段は使わない楽器を取り入れた。ヴォーカリストの僕にとってはチャレンジ的な作品だよ」と述べている。
収録曲はCHET BAKERの「SHE WAS TOO GOOD TO BE TRUE」、JOHNNY MERCERの「THIS TIME THE DREAM'S ON ME」、何度かレコーディングされているBILLY TAYLOR/DICK DALLASのヒット曲「I WISH I KNEW HOW IT WOULD FEEL TO BE FREE」、KURT WEILL/OGDEN NASHのタイトル・トラックなど。
SCAGGSはコラボレーターのGIL GOLDSTEINと50曲近い曲を検討し、17曲をこのアルバム用にレコーディングしたそう。
「僕はヴォーカリストだ。ブルースやリズム&ブルースが僕のバックグラウンドだが、今回は声の使い方を変えてみた。これは僕にとって音楽的な冒険を試みだったよ」。
この次のアルバムはよりブルージィなリズム&ブルースのアルバムにしたいと言う。「ポップ・ソングやその手のジャンルの曲を書くとは思わない。本能に従っていくよ。今までやってきたものに興味を失ってはいないしね」。
今後の方向性としてはブルーグラスかもしれないと話す。昨年サンフランシスコで開催されたハードリー・ストリクトリー・ブルーグラス・フェスティバルにも参加している。今年もそのフェスに参加するかもしれないし、彼らとレコードを作るかもしれないと語った。

Billboard Daily News 2008年6月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 楽天キャンペーン
  • 新作2点以上で25%OFF
  • ノベルティーキャンペーン
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる