HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > NYのライヴで最新ビデオを初披露 R.E.M.

NYのライヴで最新ビデオを初披露 R.E.M.


ミュージック・ビデオを“死んだメディア”ととらえているR.E.M.のシンガーMICHAEL STIPEだが、それでもバンドの楽曲には何らかのビジュアルが必要だと考えているようだ。
そんな彼が新曲「MAN-SIZED WREATH」のビデオ・クリップの制作において下した決断は、トップ・クラスの映像監督を雇う代わりに広告代理店を使うことだった。そして完成したビデオ・クリップを音楽メディア経由で初オンエアする代わりに、6/19にNYのマディソン・スクウェア・ガーデンで行われたソールド・アウトのライヴで、直接ファンに初披露することを選んだ。STIPEによると、「これは僕らにとって、観客と直接結びつくために試みた新しい手段だった」とのことだ。
最近彼らは、ニュー・アルバム『ACCELERATE』のリリースをプロモートするためにインターネット環境をグレードアップし、楽曲の制作過程を見られる新たなサイトやファンがR.E.M.の映像を自分のPCに取り込んで好きなようにビデオを加工できるサービスなどを開始したばかりだ。
今回のNYでのライヴの数時間前、STIPEはASSOCIATED PRESSの記者に「僕らは単に仕上がったものを提供するのではなく、何かを制作する過程を見てみたいと願うファンの要望に応えたいと思ってる」とコメントした。

Billboard Daily News 2008年6月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる